好きな気持ちが生きる糧

主に演劇の感想。橋本淳さん、矢崎広さん、井上芳雄さん、藤岡正明さんあたりが好きです。映画の感想は最近はFilmarksで完結しちゃってます。

より残酷に 2017年版『人間風車』感想

人間風車』は初演は観れてませんが、2003年版はDVD鑑賞しています。
それとの比較になるかな。
今回は大阪公演観に行こうか散々迷って結局行かなかったんですよね。
矢崎さんも出てるし、何よりオチが違うというのがかなり気になって、DVD購入。


人間風車


2017/9/28~10/9 東京芸術劇場プレイハウス ほか

スタッフ

作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦

キャスト

成河、ミムラ、加藤 諒、矢崎 広、松田 凌、今野浩喜、菊池明明、川村紗也、山本圭祐、小松利昌、佐藤真弓、堀部圭亮良知真次


作品紹介

売れない童話作家の平川が披露する奇想天外な童話に、近所の子供たちは大はしゃぎ。けれども、童話の登場人物や題名はレスラーの名前、テーマも"三流大学出身より高卒の方がまし" だから、子供の親からはクレームばかり。
 公園に集まる子供たちの中には、へんてこ童話の主人公になりきって現れる奇妙な青年・サムがいた。
 ある日、平川はひょんなことからTVタレントのアキラと知り合う。その出会いは平川の作風にも大きな変化をもたらしていくのだが…
(公式より)


www.parco-play.com





感想

盛大にネタバレありです。未鑑賞でこれから観る予定のある方は、読まないことを強く勧めます。








私は演出家のG2さんがけっこう好きです。
前の2003年版はG2さん演出だったけれど、でも今回はG2さんじゃないこっちの2017年版の方が好きかも!?

今回の演出家は、2003年版でサム役を演じた河原雅彦さん。
この方の演出観るの初めてかな、と思ってたらあれだ、矢崎さん主演の『黒いハンカチーフ』の演出この人だわ。あれ面白かったですよ。
kk151992.hatenablog.com






内容は当然ながら基本一緒です。
演出、演技は全体的に今回の方がテンション高め。そして舞台装置が立派…!(笑)



主要の役者も私は今回の方が個人的に好みかな。
作家の成河さんやサムの加藤くん。
おまけに小杉の矢崎さん。矢崎さんについてはいつもながら語りたいので、後述します(笑)

サムはね…正直前の河原さんの演技、好きじゃなかったんですよ。オーバーでくどいというか。加藤くんはルックスが濃いんだけど(笑)、演技自体はそこまでくどくもなく、幼さがぴったりで、断然こっちの方が好み。

で、作家の入江雅人さんはまあ良いけど、やっぱり成河さんの方が好み。入江さんの時は思わなかったんですけど、今回の成河さんの作家は、すごく「子どものまま大人になってしまった」感が強かったんですよ。それが良い。サムは事故によって知能が子どものまま止まってしまったけれど、作家はまたサムとは違って、でも同じ、「子どものまま」なんだなあ……と。そういう印象を強く受けました。
子どものままだから、人を簡単に信用してしまう。そして裏切られる。可哀想。
でもすごく今回思ったんですけど、小杉がゲスすぎて、こいつはどう考えても友達じゃねーだろ、っていう(笑)まあ小杉のことは流石に友達とは思ってなかったでしょうが。
成河さんはめっちゃ芸達者ですよね。超上手いと思います。

アキラは悩む。ミムラさんも良かったけど、前の永作博美の演技とだいぶ似ていると思います。似せてる?こういう演技指導?初演観てないからわからないですけど、最初からアキラはこういう風になってるんでしょうか。
でも永作さんに比べてミムラさんのアキラの方がなんだか子どもっぽい感じあったな。



で、矢崎さん。もうね、感動しました私。嫌な奴の演技、上手すぎる。あまりにこれがハマりすぎていて、いつも抱いている「好青年」イメージの矢崎さんってどんなだったっけ?と頭をひねりましたもん。いや素晴らしい。もともと私、たいていの好きな俳優には「悪役やってほしい」と思う人間なんですけど、矢崎さんもこんなの見たら、もっとたくさん悪役やってほしいと思う。
でも考えたら前からこの素質の片りんは見えていたんですね。私ファン歴浅いのでそんなに出演作観れてませんけど、そんな私が個人的に一番良かった矢崎さんの演技って、『宮本武蔵(完全版)』の佐々木小次郎役ですもん。あれも素晴らしかった。一見人懐こくて好青年な、最低な奴。
そうかー、嫌な役上手いんだな!
もう恐れ入りました。最低で最高。

ところで劇中劇でも嫌な奴の役なのはウケました。ケビンは嫌な奴とはまあ違うか?
あと地味に殺陣が嬉しかったです。上手いな。

思ってたんですけど、例えばドラマ『相棒』や『特捜9』なんかの刑事ものに、悪役でゲスト出演してほしいですね。私が好きなだけですけど(笑)でも実際ゲストに舞台俳優さん出てること多いし。
同情の余地がある可哀想な犯人ではなく、もう最低最悪の人間を演じてほしいです。
いや別にドラマじゃなくても、舞台でも。なんでも。極悪非道の役、いやー観たいですねー!

私の中の「お気に入り矢崎さん演技」トップ3くらいにランクインしました。







で、オチが2003年版と違うんですけど。
ところで初演と2003年版は同じなんですか?初演は生瀬勝久&阿部サダヲだから絶対凄いだろ、と思って、いつかは観たいんですが。

2017年版は、何よりアキラが死ぬのが衝撃でした。マジかよ……って思った。
この時点で残虐度アップ。
中身はいわば「作家の作った殺人鬼ビルに取り憑かれてる」ようなもんなわけですけど、やってるのはサムですからね。姉を殺してしまった……。

しかも2003年版では、サムがアキラを殺そうとするところを、作家が「翼の生えた少年」ダニーの話をして、サムは死に、アキラは助かるじゃないですか。
ダニーが飛び降りるとき。何故翼を開かないのか、というサムの問いに、2017年版では作家が「ダニーがそう決めたから」と答えるんですけど、2003年版ではこの返事をするのはアキラなんですよね。いわば、アキラも作家の物語に手を貸すわけです。サムの死に。二人は協力関係となる。悲しみは底なしだけれど、これ以外道はないとわかって。ここの永作博美はすごく良かった……。

つまり2003年版では作家とアキラが結果的には協力して、サムを死に至らしめるわけなんですけど、でも2017年版は、ここに至る前にアキラは既に殺されている。アキラと作家の関係はその前の最悪なディナーのままで、そしてアキラははっきりと弟に何が起こったのかわからないまま、弟に殺されるというわけで。
作家にはより大きな責任が、そしてアキラは完璧な被害者となっている。
2003年版と2017年版の大きな違いとして、アキラが死ぬか生き残るかだけでなく、それによって付随してくるアキラの作品上での立場が大きく変わってますね。




そして一番のオチ。
2003年版では、この事件の後も、何年も後も、作家はずっと同じように、公園で子どもたちに物語を聞かせ続けています。
アキラとの関係は当然修復はされていないだろうけど、作家はひとり平穏な人生を送っているわけです。

ここを落としてきたのが2017年版。
事件の後もうここにはいられないと去ろうとする作家に、電話がかかってきます。
ビルから。
彼自身が作り出した、不死の殺人鬼から。
サムは最後ビルから解放され、ダニーとなって死ぬわけですから、ビルは宙に浮いてしまってる状態。そこに目を付けた変更ですね。
これによってファンタジー色がより強くなってますね。サムがただ作家の物語を演じていたわけではなく、そのキャラクターはもう独自で存在してしまっていると。
この作家に救いを与えないラスト、けっこう好きです。

でも私が脚本家や演出家なら!ここの変更は、この更に後、作家自身をビルにしたいです(笑)
作家がビルに乗っ取られたとこで終わらせたい、とか思って観ていました(笑)





というわけで、まあ個人の好みですが、私は全体的に2017年版の方が良かった!
でも感想でよく見かけていた「鬱作品」とまでは思わなかったですね。確かにかなり暗い結果にはなっていますが。
私はそこまでこの暗さを引きずるような感じではないです。
でも面白かった。


次にまた上演がある時は、どんな物語になっているでしょうね。





人間風車 2000年版 [DVD]

人間風車 2000年版 [DVD]

人間風車 2003年版 [DVD]

人間風車 2003年版 [DVD]






follow us in feedly






映画が好きだからこそ、心抉られる。 舞台『キネマと恋人』感想

当時生観劇しました。当時の感想をあえて読まずに、今回の感想いってみます。

ちなみに当時の感想はこちら。
kk151992.hatenablog.com



『キネマと恋人』



2016/11/15~2016/12/4 シアタートラムほか


スタッフ

台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

キャスト

妻夫木聡緒川たまきともさかりえ三上市朗、佐藤誓、橋本淳、尾方宣久、廣川三憲、村岡希美、崎山莉奈、王下貴司、仁科幸、北川結、片山敦郎


作品紹介

世田谷パブリックシアターが、KERAとタッグを組んでお届けするのは、シアタートラムの小さな空間での、ひとつひとつを大切に紡ぐ、手作り感覚いっぱいの作品。
『キネマと恋人』は、ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされた舞台である。
設定を日本の架空の港町に置き換えて、もう少しだけややこしい展開にすると――。
映画への愛あふれる、ロマンティックでファンタジックなコメディが、息づきはじめる。
(公式より)

世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 | 主催 | 世田谷パブリックシアター





感想

ネタバレあり





この作品は本当に心をえぐってくる。
好きな作品かと言われたらそうではないのだけれど、心を持っていかれる。でも初めて観たときよりは好きかも。
もう内容を知っているから、初っ端からなんだか泣きそうだった。
最後は号泣しそうなのをこらえてた。


ケラさんは上手い。脚本。なんだこの脚本。あ、でもこれは原案があるんだったね。ウディ・アレンの『カイロの紫のバラ』。私は未見ですが。内容はまんまなんでしょうか。
そして演出。
この作品は演出がシャレてる。オープニングクレジットの演出なんかすごくオシャレでかっこいい。
劇中も、特にハルコの部屋のあれ!あの演出すごいな~と思う。世界が真っ暗になり、揺れ始める。そのままそれを見せている。
黒子がダンサー的なのも面白い。
音楽も、昔の映画音楽風ですごく良い。
劇中映画の映像や見せ方も好きだなー。人物の出入りも(笑)




私は映画がすごく好き。中学生で『スタンド・バイ・ミー』の虜になってからずっと。
このブログでは今は演劇の感想ばかり書いているけど、映画は変わらずいつまでも好き。私にいろんな世界を見せてくれて、いろんな人の心や生き方に触れさせてくれる。喜びも、悲しみも。自分の人生以外の人生に、ひと時触れることができる。もちろん、演劇や、それから小説もそう。だからどれも好き。

映画は心の支えでもあった。いや、今も。

だからこそだろうか、この『キネマと恋人』にはえぐられる。
だってこの作品は、映画が大好きで、映画を心の支えにしていて、映画に恋している人が主人公で。映画の登場人物が現れて自分に恋をし、それを演じている俳優も自分に恋をする。そんな夢みたいな出来事が起こって。でも彼女は映画の中の人ではなく、現実に生きている人を選んでしまうわけだけれど、その現実には裏切られ、結局彼女は「本当の」自分の今まで生きてきた現実に戻っていくしかない。

まさに「上げて落とす」みたいな……(笑)
ひどい、鬼畜すぎる。


夢のようでしょう。映画の大好きな登場人物と、それを演じている俳優が、自分のことを好きだと言ってくれるんだよ?(笑)
でも私もそうなんだけど、たくさん好きな映画があって、好きなキャラクターがいて、好きな俳優もたくさんいる。それこそ山のよう(笑)でもそれは当然ながら、恋しているわけではない。「映画」自体には恋しているけれど。
きっとハルコもそう。
それでもね、分かるよ。こんなふうに好きだと言われたら、ぐらっとくる。そりゃくるよ。
ましてハルコの現実は、嫌なことがたくさん起こっているから。DV旦那。しかも無職で浮気もする。

でもその旦那の最後の捨て台詞が的中してしまう。「そんなに甘くない」「きっとすぐに戻ってくる」


……なんて鬼畜な内容なんだ(2回目)
でもこの悲劇だからこそ、すごく心に残る作品になっているわけだけど。



映画の人物じゃなく俳優を選び、その俳優に捨てられたハルコは、やはり映画館へと舞い戻る。また映画を見て笑う。どんなに辛くとも、泣きたくても。これからも彼女はそうやって人生を送っていくんだろう。
悲しい時も、嬉しい時も、何もなくても、映画を見続ける。








今回印象深かったのは、ハルコとその妹の、映画に対するスタンスの違い。
私は確実にハルコよりで、映画への熱い思いがあるわけだけど(笑)、妹は違う。ただその時を楽しむ。ハルコの方が少数派なんだろうな……としみじみと思ってしまった(笑)
でもどちらも最後は、映画を見て共に笑う。それで辛い現実を忘れられるわけではないけど、ひと時でも映画に心は癒される。










今作は芸達者が揃っております。
緒川たまきともさかりえ、三上市郎、村岡希、そして橋本淳。
妻夫木聡はどうしても映画俳優のイメージなので、舞台だとどうなんだろうってところは当時あったのですが、いやー舞台でも上手いですね。今回見てもやっぱり良い。映画の中の寅蔵と、それを演じている俳優の高木の二役となりますが、寅蔵の人懐こいチャーミングさと、それに比べると少し都会的な、洗練された空気を持つ高木の違いが良かったです。
寅蔵がかわいらしすぎる。

緒川さんとともさかさんの、テンション高めだけど悲しみを抱えた演技が良い。

私は地味に三上さんが好きです。この方もすごい上手い。
この最低な旦那、どことなく憎み切れない感じを醸し出すんですよ……でもそれがDV夫というもの。優しくして引き留めて、結局また暴力をふるう。
確実に逃げるべき案件なんですけど、今作のハルコはひとりでどこか、東京でもそれ以外でも、逃げることはせず、あのラストの映画が終われば、きっとまたあの夫のいる家に帰ってしまうんでしょうね……辛い。

橋本くんも本当に最低です。嵐山はシリーズ映画で主演をはっており、若くて男前で女性にモテモテ、てな役どころですけど、まー嫌な奴。でもこういう俳優いそう……(笑)
橋本くんも映画の中のキャラクターと二役になりますが、映画のキャラの方はとてもキュートです。現実の俳優は高木を超毛嫌いしているけれど、映画の中の彼は寅蔵大好きの好青年です。かわいい。








個人的には心抉られる作品ですが、基本エンタメなので観やすいです。
映画好きにこそオススメしたいですが、同じく映画好きの母は今作ダメだったみたいなので、映画好きだからと言って響くとは限りませんが。




follow us in feedly








る・ひまわり製作 舞台『マクベス』感想

今回は、これもとりあえず買ったまま放置してた『マクベス』。
正直『マクベス』を矢崎さんってどうよ?と思って置いてました。もっとベテランがやるものでは。
とは言え私は『マクベス』という作品自体未体験。舞台も映画も観たことなければ戯曲も読んだことがないです。(戯曲はKindle積読状態だし、映画もオーソン・ウェルズのDVDがうちにはあるのだが)
意外とシェイクスピア作品で触れたことないもの多いんですよね……。教養がないわけではないと自分で思ってるのに、こういう所でボロが出てくる。反省。

というわけで、今作が私の『マクベス』とのファーストコンタクトとなります。



マクベス


2012/8/11~19 @ラフォーレミュージアム原宿

スタッフ

原作: ウィリアム・シェイクスピア
翻訳: 河合祥一郎
脚本: 斎藤栄
演出: 板垣恭一

キャスト

矢崎広馬渕英里何宮下雄也RUN&GUN)、国沢一誠(ヒカリゴケ)、小林且弥、二瓶拓也、末原拓馬、マーク、長倉正明、山本侑平、加藤啓、松村雄基 


作品紹介

グラーミスという地方の領主で武将のマクベスはある日、
友人でスコットランド軍将軍のバンクォーと戦場からの帰りに、3人の魔女に出会う。
マクベスは王になる」魔女たちに奇妙な予言をされたマクベスは、
やがて心の底に眠る野心とともにその予言通りスコットランド国王を暗殺し、
王子に罪をきせスコットランド国王となる。
血塗られた王位はやがてマクベスマクベス夫人の心を破滅に導き、
王位を奪われることへの不安から次々と罪を重ねて行く…。
(公式より)

http://le-himawari.co.jp/galleries/view/00132/00168






感想


古典作品なのでネタバレ云々はもう気にしない。







矢崎さんみたいなすごく若い人主演で、製作がるひまで……って、もう少しなんというか……ライトにした作品かと思ってたんですが、まあ『マクベス』ファーストコンタクトの人間が言うのもあれですけど、台詞とかまんまっぽいですね。
なんせ河合祥一郎さんの翻訳使ってますもんね。私が積読にしてるのもこの人翻訳の角川のものです。
話もまんまみたいで。(一緒に観ていた母談)

で、こういった台詞回しこそがシェイクスピアの醍醐味のひとつなんでしょうから、もちろんちゃんとした訳をそのまま使ったお芝居っていうのは良いものですが、私みたいな慣れてない人間は最初若干苦労する(笑)台詞がスムーズに頭に入ってこないもので。
まあそれもすぐ慣れたのですが。






物語自体は、無常感が半端なかったです。面白かったんですけれども。

マクベスが罪を犯して手に入れた王という地位で、彼が楽しんでる、充実しているといった描写がないんですよね。
あるのは苦悩と、どんどん狂っていく様のみ。
じゃあ彼は何を手に入れたのか?得たものはあったのか?失ったものばかりじゃないか?

一番の座を手に入れようと悪に手を染め、地位は確かに手に入れたが、それと引き換えに失ったものの多いこと。全てかもしれない。地位以外の、全て。

特に矢崎さんが演じてるから、最初はただの好青年に見えるわけですよ。そんな彼が、破滅の道へまっしぐら……。無常。

というか魔女に振り回されて、利用されただけみたい。

なるほどこれは悲劇だなぁ……。




マクベス夫人はこれはもしかしたら悪女なのだろうか?と思いつつ、今作を観た限りではそういった印象は受けなかった。
確かにマクベスを導いた、悪く言えば唆したのは彼女だけれど、自分が「王の妻」になりたい、自分も地位を手に入れたい、とかまあ他の理由でも、とにかく「欲」のためという風には思わなかった。ただマクベスを愛してるから、マクベスに偉くなって欲しいから、という、マクベスのため、「愛」故の行動の様に見えた。

ただ逆にそれが辛いかも。
悪女ならば「全部こいつのせいだ!」と思えるのだけれど、愛を感じてしまう以上、「愛」は人を良き運命だけでなく、悪き運命にも導くものだと嫌でも考えてしまう。「愛」が良き人生にするとは限らないのか……。良くも悪くも、人を大きく変える、影響を与えるのが愛なんだなぁ、と。




いやー観終わった後本当に無常感に苛まされました。
それがシェイクスピアの狙いなんでしょうね。
積読状態の原作戯曲をまた読もうかなと思います。






今作で一番良かったのは、マクベス夫人役の馬渕英里何さん。すごい良かった上手かった。
強くてたくましくて、行きたい道に真っ直ぐで、一見悪女みたいで、でもマクベスへの愛があったなぁ。
最初矢崎さんと並んだの見た時は正直姉弟みたいに見えたけど(笑)後からちゃんと夫婦に見えるようになったよ(笑)





矢崎さんはねぇ。思ったよりは随分良かったけど、なんとなくすごく一生懸命感が伝わってきたな。
この舞台にかける思いが大きかったんでしょうか。シェイクスピアだしね。
あー頑張ってるなぁ、頑張ったなぁ、という視点で観てしまった。
もう後10年後とか20年後とかにまたシェイクスピア劇観てみたいですね。





松村雄基さんも良かったですね。若手ばかりの舞台をさすがの存在感でしめてくれました。