好きな気持ちが生きる糧

主に演劇の感想。映画の感想は最近はFilmarksで完結。

舞台『宮本武蔵(完全版)』感想

宮本武蔵(完全版)

2016年8月19日~29日 東京芸術劇場シアターイース
(DVDにて鑑賞)

内容紹介

伝説の剣豪として世に名を知らしめるも、その内面は臆病な男、宮本武蔵
色々と疲れの溜まった武蔵は、湯治のため山奥の宿を訪れる。そこには様々な面々と出会うこととなる。
私たちが考える理想の武蔵像からかけ離れた主人公、宮本武蔵は皆から偽物ではないかと疑われる。
証明のしようもないが、本物と認められたら命を狙われる、しかし偽物と思われても面白くない。
疑心暗鬼の中で、武蔵に恨みをもつ者、討ち取って名を上げたい者、さまざまな思惑が重なって、物語は思いもよらない方向へ。
最後までヒーローらしさも小次郎との決闘もなく、そのだらしなさが笑いを誘う現代会話劇。
“本当の宮本武蔵は、こんなんだったのではないか!?”
(公式サイトより)


musashi-stage.themedia.jp


スタッフ

作・演出:前田司郎

出演

山田裕貴矢崎広、遠藤雄弥、金子岳憲鮎川桃果、大山雅史、山村崇子、内田慈、志賀廣太郎


感想

あらすじ読んでもあまり惹かれなくて、キャスト的に(矢崎、遠藤の二人が)気にはなっていたけどしばらく放置していた一作。
読売演劇大賞最優秀作品賞、というのでも気にはなっていたんだけどね。


今回鑑賞のきっかけになったのは、強いて言うならば
①10日後くらいに矢崎さんの舞台(Photograph51)観に行く
②3月の『相棒』最終回ゲストに出てたゆうやん
③私が大好きな『警視庁捜査一課9係』の新シリーズ、先日スタートした『特捜9』に山田くんが新レギュラー
ということで。
矢崎さん待ち遠しいなーというのと、ゆうやん久しぶりに見たなーというのと。そして③がきっかけとしては大きいです。

だって!私がシーズン1から欠かさず観ている『9係』に!新キャラですよ?渡瀬さんがいなくなり……(いまだに泣くんですけど)。寺尾聰が入り、山田裕貴が入り……。
名前は知ってたけど何も出演作見たことないし、どんな子が出るのか気になるじゃないですか!結果的に『特捜9』の放送を観たのが先になってしまったけど!(笑)
ちなみに『特捜9』での第一印象は、「私が苦手なタイプのルックス」でした(笑)


というわけで本題の感想行きます。




コメディなのかな?としばらく観る。けっこう笑える。

うわーそうきたかーという第一幕のラスト。
第一幕があのラストなのに、第二幕の進み方がまた軽く予想外。
笑いを交えつつも、展開する物語はかなり皮肉っぽい。いわばシニカル。
観終わったあと、「ひえー」ってなりました。ちょっとなんて言うんだろ……ビビったというか。

「私たちがヒーローとして見ている」宮本武蔵、そして彼だけでなく「剣豪」や「武士」というものそのものの存在を、かなり皮肉っていると思います。
現代の人間、映画や舞台が好きな人間として言えば、時代劇系はやっぱり殺陣の格好良さというものはとても惹かれます。でもつまりそれは、彼らは人を殺しているということで。

当たり前のようでちょこちょこ忘れがちなその事実を、思いっきり眼前に突きつけられた感じです。
剣豪として、武士として名を馳せたものは、それだけ多くの人間を殺している……。



いやー期待通りの面白い脚本でした。






役とキャストについて


山田裕貴 as 宮本武蔵
この宮本武蔵は、言っちゃえば卑怯者です。臆病で、でも純粋なのかもなぁ……と感じました。

武蔵だけでなく、「死」に怯える武士の姿は、日本の武士にやたら高い理想を持っている現代の人間としては期待外れだけれど、でもそれが真の姿、また自然な、人間の普通の姿なんだろうと思います。

山田くん、こないだの『特捜9』じゃまだよく分からなかったけれど、なかなか上手かったです。(やっぱりルックスは苦手だけど(笑))
人との関係を紡ぐことが苦手で、なんか子どもみたいで、死に怯え卑怯な手段に走る。まあ普通の若者。好演していました。
これは次回からの『特捜9』も楽しみですね(笑)




矢崎広 as 佐々木小次郎

矢崎さんの佐々木小次郎ですが、若干コメディ担当みたいになっています。
矢崎さんの軽やかな台詞回しや表情、動きが全体的に良くて、この人けっこうコメディ向きなのかも、と思いました。笑わされました。

誰とでもすぐ仲良くなって、人好きのする、明るい好青年………と、観ている間は思うんです。観ている間はね!
終わった後に冷静になって思う。「あれ、小次郎めっちゃ最低じゃね?」と。
仲良しに見せかけて、人好きのするように見せかけて、結局彼は自分の利しか考えていないんですよ。誰に対してもそんな感じ。他人は利用するためにある。
一緒に観ていた母が「詐欺師の手口だね」と言っていました。
特典映像で矢崎さん本人は「ビジネスライク」と言っていました。上手いこと言ったな(笑)

この佐々木小次郎のキャラクターと比べると余計に、宮本武蔵はかなり……純粋な気がするんですよね。

ところで矢崎さんはやっぱりこういう役が一番上手いと思います。「好青年」もしくは、今回みたいな「一見好青年」。
なんかいつも言っている気がするけど、私的にこの人は「カッコいい系」や「リーダーシップ取る系」「渋い系」は似合っていないというか、無理してる感があって、あまり好きじゃないです、今のところ。『黒いハンカチーフ』とか『ジャンヌ・ダルク』とかの役は私的にイマイチ。
ジャージー・ボーイズ』のボブ役は今回の小次郎役にかなり近いものがあると思います。一見すごく好青年、でも実はとてもしたたかで、計算高く、自分の利を追求する。あとは『スカーレット・ピンパーネル』のヘタレ好青年とか、『SAMURAI 7』のピュア全開のとか、いいですね。この辺の役めちゃめちゃ上手いです。
でも個人的にはヘタレやピュアよりも、したたかな方が観てて好き(笑)

あと和服似合う!超かっこよかった!(笑)ていうかやっぱり昔よりどんどんルックスが良くなってる気がするんですよね……(笑)




遠藤雄弥 as 亀一郎
こないだの『相棒』に出ていたのを観て、更に以前の『相棒』ゲスト出演の回を再鑑賞してました、この間。斎藤工がメインゲストの『ピエロ』。この回めちゃめちゃ面白いのでオススメ。

と、話が逸れていますが。
上記の『ピエロ』での役と、今回の亀一郎がまた近いかな。小次郎と違って、亀一郎はガチの好青年です。すごく良い子なんだろうなーというのが伝わってきます。素朴なところが好き(笑)
人殺せないタイプですよね!今作の良心の一人。

先日の『相棒』のヤクザ役は意外だったけどすごく上手くて、でもやっぱりゆうやんは素朴な好青年がハマるなーと思いました(笑)




金子岳憲 as 伊織
今作の良心のもう一人!伊織さん!
金子さんお初ですけど、またこの人がすごく良い味出してて、最初の方からもう気に入りました。上手い。

役としては、伊織の愛があまりに深すぎて、伊織パートだけすごく純粋な恋愛ものみたいでした。深いよ。
結局はこの愛が、武蔵を救えるんでしょうか。







他のキャストの方々も皆さん良かったです。うざい宿の女将とか、あとざっくらばんな千代とかが印象に残りました。
怪しい山伏の志賀廣太郎も(笑)







宮本武蔵(完全版) [DVD]

宮本武蔵(完全版) [DVD]








舞台『薄桜鬼 新選組炎舞録』感想

大好きな俳優2人が共演してるこの作品。

窪田正孝と橋本淳。

DVDが出てるのも知ってたけれどスルーしてたのは、元のゲームの概要とかあらすじとか読んで、「絶対これ好きじゃないヤツ」と思ったからです。

が、今回なんと、時代劇専門チャンネルさんが放送!

ということで、割とウキウキと録画して、満を持して観ました。その感想です。

 

 

薄桜鬼 新選組炎舞録

f:id:kk151992:20180319001817j:image

2010年10月1日〜17日 天王洲銀河劇場

時代劇専門チャンネルにて鑑賞)

 

内容紹介

幕末、文久三年から物語は始まる。主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、交わる新撰組の隠された秘密。幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。(Wikipediaより)

 

 

スタッフ

演出: キタムラトシヒロ

脚本: 毛利亘宏

 

キャスト

早乙女太一黒川智花木村了窪田正孝中村倫也武田航平、橋本淳、川岡大次郎、坂本爽、中村誠治郎、杉山彦々、橋本望、RYO、伊崎右典、木下ほうか

 

 

 

 

 

感想

全然期待してなかったけど、割と面白かったです。

ただし!!予想通り、やっぱり「好きじゃないヤツ」でした。

どーもね、こういうの好みじゃない。

 

 

とりあえず、※ネタバレあり というか別にたいしてネタバレはしてないかな、と思うのですが、配慮とかはしていないので、気になさる方は注意。

 

あと内容の感想については、割と文句たらたらなので、ファンの方はスルー願います。

 

 

 

内容について

私ゲームってほぼしないんですけど、宣伝とか見るだけでもいわゆる「恋愛アドベンチャーゲーム」って、「あ、むりだな」と思うタイプなんですよね。

特に実在の、歴史上の人物などが相手のやつは。

彼らこんなんちゃうやろ、って思うのと、あとなんというか、「女の子はこういうのが好きなんでしょ?ときめくんでしょ?」というのが押し付けがましい感じがして嫌(笑)

 

で、この『薄桜鬼』ですけど、いやー恋愛アドベンチャーゲームが元って知らなくても、恋愛アドベンチャーゲームってわかるね!セリフの感じがね!

小っ恥ずかしい(笑)

あれでキュンキュン出来るならいいんですけど。私の好む恋愛ものは……!違うんです……!

みんながみんな「千鶴!」「千鶴!」ってヒロインを気にする感じとかね。うーん。

 

そして「新選組」に「鬼」。そして「羅刹」、これっていわゆる吸血鬼だね?

最初出てきたの見たときは「ゾンビかな?」って思ったけど、吸血鬼だったよね。

アメリカとかでもね、流行ってますよね、吸血鬼とかのいわゆる「人間じゃないモノ」との恋……。

なんかもう「女の子こういうの好きなんでしょ?」というのを詰め込んだごった煮感!

うーん、自由だ!

 

ところで羅刹が吸血鬼なんだなーってとこまではいいんですけど、羅刹化した人に銀の銃弾を撃ち込む、というとこは正直言って笑いを堪えて震えました。まんま西洋のヴァンパイアだよ……もうニンニクと十字架も用意すりゃいいんじゃね?

 

 

とは言え、ストーリー自体は特に退屈することもなく、それなりに楽しんで観れたので、まあまあ良かったです。

真面目に取ると、マイノリティの闘いだったり、復讐が復讐を呼ぶ辛さだったり。シリアステーマで。

ただなーやっぱり好みじゃないんだよなー。惜しい。

 

 

 

 

キャストについて

 

窪田正孝橋本淳と、お初の早乙女太一について熱く語ってます(笑)他の人の話はほぼしてませんごめんなさい。

 

 

 

まずはお目当ての1人、窪田正孝

 

前提として、私は新選組が好きですが、ただそれは「司馬遼太郎の作品の」もしくは「司馬遼太郎原作の」、という条件付き。

要は司馬遼太郎が作り上げた新選組が大好きなんです。

 

で、司馬遼太郎の描いた沖田総司って、ものすごーく透明感があるんですよね。かっこいいというよりは、とにかく透明感が凄まじくて、純。いつも穏やかで、ニコニコしている。

ドラマ『新選組血風録』、1968年版の島田順司と、2011年版の辻本祐樹、どちらも私の思う沖田に近い。

 

窪田くんの沖田は、ビジュアル見た時点で、「なんか違うな」と思ってたんです。(ただしものすごーくかっこいい

なのでそんなに「私の沖田像」に近いことには期待せずに見ました。

 

結果、やっぱり違った(笑)

この沖田はなんというか……ダークですね。腹黒っぽい。辛気臭い気も。

でもそれは窪田くんが演じたからではなくて、多分元のゲームの沖田がこういうキャラなんだろうなーと思いました。

私の好きな「司馬遼太郎の」沖田像も、窪田くんは出来ると思います。この人何でも出来るし!(笑)そっちが観たいなぁ……ってなりました。

 

あと窪田くんはどうしても「映像の人」のイメージ(実際そうだし)なので、舞台ってどうなんだろう……と思ってました。発声とかね。声の通り良くなさそうって。

これはハズレ。第一声聞いてびっくり。あ、いつもと違うわ、って。いつもと同じ声だけどいつもと違う。これは嬉しい驚き。ドキッとした。

でもいつも映像作品で見る、繊細な表情だったり目の動きひとつだったり…そういうものはやっぱり舞台より映像作品の方が堪能できるなあと思いました。窪田君の繊細な演技大好きなので。これも舞台の「映像」ではあるけどね、撮り方が違うので。

 

あとなんか全体的にセクシーで色っぽかった。色気駄々洩れのセクシー沖田だった。(窪田くんがやってるだけでやたらかっこいいし……)

 

そういえば病気で咳き込んだり、フラフラになるの。これ窪田くんの演技だー!と思いました(笑)うまく言えないけど、窪田くんの得意とするやつだ、みたいな(笑)

 

ちょっと残念だったのは殺陣かな。決して下手というほどではないのですが、でもそんなに上手くない。しかも沖田役だし……うーん。経験値が足りなかったか。

 

ところで沖田はもっと出番多いと思ってたんですけど、そこまでだった。ただ死の場面はガッツリ土方さんと話す時間がある、こういうのやっぱり沖田の扱いだなーって思いました。

 

 

 

 

 

もう1人のお目当て、橋本淳

 

彼はすごい脇役かな、と思って観始めたんですが、まー目立つこと。下手したら沖田より出番多くないか?橋本くんファンとしては出番が多いことは有難かったですが。

役としてもなかなか美味しい。原田のくせに(笑)

 

しかも橋本くんは殺陣も上手い!

1人だけ剣じゃなくて槍で、難しいだろうなーと思うのですが、なかなか綺麗で動きも良かったです。流石。

 

彼は最近また映像への露出が増えてますけど、やっぱり舞台が輝くなー!と思いました。映像で見るのも好きだけど。舞台で纏うオーラというか雰囲気が、たまらなく好きです。

超かっこよかったし良い役だった。

 

 

 

 

 

 

 

お初の早乙女太一。有名人よねー。でも見たことなかったんです。

 

それはもう……衝撃を受けました。登場シーン。

何この殺陣の美しさは!!ガツンとやられました。すごい立ち回り。延々と見ていられます。

あまりの素晴らしさに、「あ、これは早乙女太一を見る舞台かな?」と思いました。(間違ってはない)

 

元々ファンでお目当てだった橋本くんも窪田くんも吹っ飛ぶ凄さ。カッコよすぎて美しすぎて、惚れました。

いやー彼こそまさに、流石の一言。幼少から鍛えられてるだけありますね。今まで見ていなかったことを激しく後悔しました。

 

是非生の立ち回りを見てみたいです。これは追っかける(笑)

 

 

 

 

 

 

 

他のキャストも良かったですよ。

殺陣はみんな相当練習したんだろうなーと思いました。

そして木下ほうかが出てて地味に贅沢(笑)

 

ただし、黒川智花が……。彼女嫌いじゃないんです。

まあ映像作品で見てた時も、上手いとは思ったことなかったけど、それにしても……こんな演技だったっけ?

浮きっぷりが半端なかったです。ここもっと上手い人にして欲しかった……。

 

 

 

 

 

まあ私としましては、かっこいい窪田くん&橋本くんを見れたのと、早乙女太一の素晴らしさを知ることが出来たので、総じて観て良かったなーと思います。

 

 

 

 

 

 

薄桜鬼 新選組炎舞録 [DVD]

薄桜鬼 新選組炎舞録 [DVD]

 

 

新選組血風録 DVD-BOX1【DVD】

新選組血風録 DVD-BOX1【DVD】

 
新選組血風録 VOL.1 [DVD]

新選組血風録 VOL.1 [DVD]

 

 

新選組血風録 (角川文庫)

新選組血風録 (角川文庫)

 

 

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

 
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

 

 



 

 

『刑事ゆがみ』哀しさと優しさ、愛に溢れた刑事ドラマ

お久しぶりです。

今回は、昨日12月14日に全10話で最終回を迎えたフジテレビのドラマ『刑事ゆがみ』の感想です。

 

この記事を観て、またDVDででも観てくれる人がいたらいいなーとの思いで書くので、ネタバレはなしでいきます。なので内容自体には触れないようにしました。(あと単純に、各回の内容に触れ出したら言いたい事多すぎて止まらなくなる(笑))

 

 

 

作品紹介(公式より)

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

 

 

キャストについて

主演は浅野忠信、相棒に神木隆之介

署のメンバーに稲森いずみ、仁科貴、橋本淳。

主役の弓神の協力者、謎のキャラクターに山本美月

 

レギュラーは上記6名です。

 

 

 

観ようと思ったキッカケ

今回はキャストです。

浅野忠信神木隆之介コンビで刑事ドラマというだけでも、「あ、これ絶対観よう」と思ってたんですが、加えて橋本淳。

私がここしばらくイチオシの俳優です。

これは観るしかないだろう!!

というまあ単純な理由。

 

 

 

感想と、『刑事ゆがみ』の魅力

初回観た時は、そこまでガッツリ響いたわけではなく、「まあまあかな」程度でした。

オチはなるほどそうきたか、と思ったし、面白かったけれど。

 

私がハマったのは第2話から。

ほかに私の好きな回は、3、4、5、6あたりですかね。

 

私は毎回、「そうきたか!」と思うオチです。それもまた凄い。

なるほどなぁ、そういう真実だったのか、全然分からなかった……という驚き。

まあミステリー慣れしてる人は検討つくのかもしれませんが。(でも私もミステリー小説とかよく読むのに(笑))

 

この作品は、毎回とても切ないです。暴かれる真実から見えてくる物語は、とても哀しくて、辛いです。

人の抱える複雑な思いに切り込んでいきます。どうしてこの人がそうせざるを得なかったのか。様々な哀しみの果てに生まれてしまった悲劇の物語ばかりです。

ほぼ毎回、観ては泣き、そのあとはしばらく作品のことが頭から離れず、各人物に思いを馳せ、考え込んでしまうことが多かったです。

 

主役の弓神の影が薄くなることは決してないけれど、でも主にゲストが中心のドラマともいえる。

 

 

とても重たーいドラマのように書きましたが、そこを見やすくしてくれたのが、弓神のキャラクター。

いわゆる「型破りな刑事」で、真実を突き止めるためには違法捜査をいとわない。それから、ふざけていて、とても「適当」な感じがする。ちゃらんぽらんというか。

そんなキャラクター設定が、画面を明るくしてくれる。

 

そして、物語と同じくらい魅力的なのも、この弓神のキャラクター。

ちゃらんぽらんに見えて、実はとても真面目です。

そして何より、優しい。大きな人。他人の心をよく見抜いている。

一見そうは見えなくても、他の誰よりも情が深い人間です。

辛い物語に、弓神の優しさが胸を打ちます。

 

で、この弓神という人物に、浅野忠信がめちゃめちゃハマっているわけですよ!ものすごーくかっこいいです。魅力が爆発しています。

すでに見ていると思いますが、浅野忠信ファンは絶対に観た方がいい、必見の役です。

 

 

そしてこんな一見ちゃらんぽらんな奴の相棒にあたるのが、神木隆之介演じる若手の羽生。

羽生は真面目に見えて超したたかです。出世に燃えてます。でもなんだか素直というか、ピュア(笑)単純ですね。

そんな羽生が弓神の違法捜査に巻き込まれまくってるわけですが、回を追うごとにじわじわと弓神のことを信頼していってるのが、なんとなーく伝わってきます。それがいい。

神木くんやっぱり上手いな……。

 

 

 

どんな作品もですけど、物語と同じくらいキャラクターは魅力に溢れていないといけないわけです。

この『刑事ゆがみ』は、物語も〇、キャラクターも〇。弓神という人物が、本当に最高です。

 

 

ラスト2回の弓神自身も関わる大きな事件、謎は、これまたとても辛い、残酷な真実。
でもやはり、優しさを感じられる。

 

毎回辛いと思いながら、「人間」に思いを馳せ、優しさを感じていた。要所要所に、人の愛があった。

 

とても哀しいけど、最高に面白いドラマだった。

 

 

 

というわけで、一番言いたいのは、

観てない人は観てね!

っていうことと、

シリーズ化してくださいフジテレビさん!!!

ということです。

 

 

私の推しの橋本くんも終了後のTwitter

とか言ってるので、期待しますよー。

 

 

 

 

 

良いドラマをありがとうございました。

また是非彼らの姿を私たちに見せてください。

フジテレビさん、何卒よろしくお願いします。