読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

"つよい風に向かいながら走りつづけたい"

ここしばらく、KinKi Kidsの昔の楽曲にハマってます。
デビューから2000年手前あたりまでの。

私は小学生からのファンですけど、なんせ1992年生まれ。ファンになったのは多分2000年か2001年かそれくらい。
なので、90年代の楽曲はリアルタイムでは知らないんですねー。

いやー、昔のKinKi Kidsの勢いはすごい。
今もいいけど、昔から楽曲がいい。恵まれてますね。

今自分も大人になって、改めてちゃんと聴いてしみじみ思うのが、「青い」。
まさに青の時代ですよ!青春というよりかは、青いという言葉の方がしっくりくる。この時期、10代後半限定ですね。この青さが最近私のツボに入ってるんです。
曲を聴いてて胸をくすぐられるというか、ざわざわさせられるというか……(笑)なんとも言えない気持ちになります。

というか今さらですけど、この頃のKinKi Kidsの年齢越えてしまったんだ……。


さて、そんな昔のKinKi Kidsの数々のヒット曲の中でも、特に今脳内から離れないのが、"愛されるより愛したい"と"全部抱きしめて"。
今でも歌ってくれることの多い、代表曲ですね。


"愛されるより愛したい"は歌詞が青さ全開。
出だしの「どうだっていいじゃん」という強がりから、大人へのちょっとした反抗心、寂しさ、弱さ……もう10代後半の、少年から大人へなりかけの時期って感じがバンバンですね!

「初めからカッコのいい オトナになんてなれないなら
怖がらずそのドアを開けばいいだけ
「傷ついて立ち止まって そんな僕だけど
泣き顔の天使 あの空の下へ
つよい風に向かいながら 走りつづけたい」

弱いと自覚しているけれど強くなろうとしてる、そんな歌詞が胸に響きます。



"全部抱きしめて"

「ひとりになるのは 誰だって恐いから
つまづいた夢に 罰を与えるけど
間抜けなことも 人生の一部だと
今日のおろかさを 笑い飛ばしたい」

とにかくこの2番のAメロが好き。励まされる。
仕事で怒られてばっかりの時とか、この歌詞を思い出します。

失敗も反省しつつ笑い飛ばして、また毎日頑張りましょう!(笑)


私も弱いけど、走りつづける!