読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

紙の本が愛おしい。

Kindleと紙の本。

私はKindle愛用者である。しかしやっぱり紙の本が好きだ。
どちらかだけに絞ることは今後ない……と、思われる。

Kindleのメリットといえば散々語られ尽くしているが、一つの端末に本を詰め放題なこと。場所を取らない。読みたくなったときにすぐ読める。
そして並行読みが簡単だ。

しかし、この並行読みというメリットは、私にとってデメリットにもなる。
すぐ他の本に意識がいってしまって、読みかけの本がたまるのだ。
紙の本でも並行読みするけれど、Kindleほど読みかけで放置はしない。Kindleだと放置率が上がる。
物質として手元にないから、どうやら罪悪感が薄いらしい。
紙の本ならば、読みかけでしおりがはさまれた状態のものがたくさん目の前にあると、罪悪感にさいなまされる…。とにかく読み終えていかなければ、という気持ちになる。
よって、私のKindleの中には、読みかけ放置の小説が何冊も。

まあ、私の集中力が足りないだけと言えばそれまで。

ところで紙の本だ。なんで紙の本はあんなに愛おしいんだろう。

そう、電子と紙の一番の違い。
紙の本は愛おしい。所有欲だろうか。紙の本だと、この一冊は間違いなく私のもの、と思う。
電子だと物体ではないから、"この一冊"という感覚がない。
紙の本は私のもの。
だから例え最初に電子書籍で読んだとしても、とても気に入った作品ならば、必ず紙でも手に入れる。
私のものにしたいからだ。

基本的に、本を売ったり捨てることもほとんどない。
本棚を眺めて愛しさを増大させる。

紙の本を愛する人は多い。
電子書籍はどんどん世の中に普及しているし、私もどんどん多くの作品を電子化して欲しいと思う。
しかし紙の本は失いたくない。

電子書籍で得られるのは"読む"という行為と、その内容に対する感想。
紙の本はそれ以上のものを与えてくれる。その気持ちを言葉にすることは、私の語彙では出来ないけれど。
紙の本がなくなり、電子書籍だけになったら……そう思うだけでゾッとする。

しかしそれはきっとあり得ない。
紙の本は一つの完成型だから。
完璧な存在だ。