読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『メイズ・ランナー』10月公開。

現在上映中の『メイズ・ランナー』は三部作ですが、第2弾の日本公開が10月に決定したようです。

いやぁ、早いですね。
早くても日本公開は来年になってからだと思っていました。







トーマス・ブロディ=サングスターと、ウィル・ポールターを目当てに、公開初日に観に行きました第1弾。 

こちらの感想で書いたようにそこそこ楽しめましたし、役者目当てで第2弾ももちろん観に行きますよ。
予想外に早い公開なのでけっこう嬉しいです。楽しみ。






以下第1弾のネタバレありです。




















さて、第1弾は迷路を出て、なんかいろいろ明かされたところで終わりましたね。
世界規模のお話。

実は私、第1弾を観る前は、3作全部迷路の中だと思ってたんですよね。特に理由はないのですが、なんとなく
3作目で脱出して(もしかしたら脱出できなくて)、いろいろと驚愕の真相が……!という展開なのだと勝手に思い込んでいました。
ですので、第1弾で普通に脱出したとき、内心「あれ?」と思いました(笑)思い込みのせいで、「展開早いな」と。
そこで明らかになった真相は、けっこう規模がでかい。
ティーン向けのものって割とスケール大きいんですね〜ナメてました。


お目当ての2人のうち、ウィル・ポールターが死んでしまったので、楽しみが一つ減りましたが、トーマス・サングスターがいるのでまあヨシとしましょう。ニュートというキャラクターも好きです。

第1弾を観て他に気に入ったキャラはミンホとアルビーとチャックですが、アルビーとチャックも死に。もうニュートとミンホしか好きなキャラいませんよ……。
第2弾に登場する新キャラに期待をかけます。

第1弾上映の後、第2弾の予告がありましたが、新たなキャラクターが多そうですよね。

あと、主人公トーマスとヒロインテレサを、第2弾では気に入ることが出来るかどうか。

ところでトーマスが演じたニュートですが、ああいうかっこよくて皆から信頼されているキャラも、死ぬ可能性けっこうあるよなーと思って、すでに戦々恐々としております。
かっこよく死んでいきそう……。
せめて第3弾の終わりくらいまでは生きていて欲しいと願っています。



第2弾もそこそこ楽しめるよう、そこそこ期待しています。そこそこ。
ニュートの出番が減っていないことを祈ります。