読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『チャッピー』

今日は振替で午後からお休みだったので、映画を観てきました。
ちょうど映画の日でラッキー。

近場でやってるものの中で、『チャッピー』の他『シンデレラ』か、『メイズ・ランナー』の2回目かちょっとだけ迷って、結局『チャッピー』に。


f:id:kk151992:20150601212425j:image
2015年 アメリカ
監督: ニール・ブロムカンプ
脚本: ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル
出演: シャールト・コプリー、デーヴ・パテル、シガニー・ウィーバーヒュー・ジャックマン、ニンジャ、ヨーランディ



この監督はお初です。
第9地区』も当時気になったんですけど、結局観てないんですよね。



感想としてはとにかく一言。
観てるのがとても辛かった……。

映画的にはなかなか面白かったです。

しかし辛くて辛くて……
人間のすることって本当に色々な意味で残酷だな、とそんなことばかり考えながら観ていました。


あ、ヒューの悪役っぷりとか、ギャングの情とか良かったですね。



ところで人工知能の話で私がパッと思い浮かぶのは『A.I.』。
あの映画も割と好きですが、可哀想ですよね。
そもそも人間が感情を持つロボットを作るなんてそんな不自然な。人間と同じ感情を持ったとしても、人間と同じように扱うことなんて出来ないくせに。
でも技術があればきっとやってみたいと思うのが人間。
A.I.』もですが、『チャッピー』も、あり得なくはないのかもな…と思ってしまうのがまた辛い。
科学技術は日々進歩しているようですから。
いつか映画みたいな感情を持つロボットが生まれるのかも。
などと考える私も、けっこうSF脳なのかもしれません。



ロボットものでも、人間のような感情を持たないロボットものの方が、好みとしては好きかも。
観ていて辛くないからでしょうか。
と言ってもそんなに思いつきませんが。
とりあえず『ベイマックス』とリアル・スティール』が大好きだって話です。



しかしロボットにしても、それから人形やぬいぐるみにしても。こういうものに人間と同じ心や感情を見出す、もしくは求めるのは人間の性なのかもしれません。