我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

やっぱり傑作!ドクター・フー"Blink"

ドクター・フーS3第10話『まばたきするな』"Blink"


監督: ヘティ・マクドナルド
脚本: スティーヴン・モファット
出演: デヴィッド・テナント、フリーマ・アジマン、キャリー・マリガン、フィンレイ・ロバートソン、ルーシー・ガスケル、マイケル・オビオラ、ルイス・マホニー



ドクター・フーはシーズン1〜3までと、あと先日観たニュージェネレーションの第1話しか観たことがありませんが、いつ観てもこれはトップクラスの出来。
素晴らしく面白い。初めて観たとき、面白すぎて感動しましたもん(笑)
ヒューゴー賞を受賞しているそうです。



今をときめくキャリー・マリガンがメインゲスト。
というか、この回はドクターもマーサもあまり出てきませんし、もはやキャリー・マリガン演じるサリーが主役と言っていいかと。

f:id:kk151992:20150607122424j:image

人が見ている間だけ石になる"忍び泣く天使"。お互いを見ないよう、常に目を隠しています。

目を離したら追ってくる。
まばたきしたほんの一瞬で迫ってくる。

f:id:kk151992:20150607122716j:image

ドクターが、「まばたきするな。したら死ぬぞ」と散々警告してきます。



過去と現在と未来の交差し合いっぷりというか絡み合いっぷりに感激。
ラストはサリーとともにすっきり、快感。

ところで天使は目を隠してる方が不気味で恐ろしいです。
顔は凶暴すぎて逆になんだこいつみたいな(笑)
あと、動いてる場面を映すんじゃなくて、いわばコマ送りのように迫ってくるのは恐ろしさ倍増ですよね!

観ている間、一緒に「まばたきするな!」と頑張ってしまうのは私だけじゃないはず。(でもすぐまばたきしてしまうので、私あの世界にいたら即やられてる)

あといつ観てもこのキャリー・マリガンの可愛さが尋常じゃない(笑)
可愛くて可愛くて、そりゃ出会って即ナンパもしたくなるよね!という愛らしさですよ。



さて、来週末こそは、50周年SPを観たいと思います!(笑)今回観るつもりだったんですけどね。来週こそは!