読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『RENT』諦め『プリンス・オブ・ブロードウェイ』を観に行きたい。

日本版『RENT』のチケットは、村井良大ブログ先行で申し込んでいたのですが、昨日が当落発表日でした。

そしてなんと!!!


落選しました!!!



いやぁびっくり。軽くグチグチ言ってたバチが当たったのでしょーか。

なんとなくね、落ちるわけないと思い込んでたんですね。
ライブとかだとまず落ちることを考えるのですが、舞台だと何の根拠もなく当選に決まってると、何故か思い込んでいる。

いやぁ……落ちちゃいました。


で、また悩むことが。一般発売でチケット取るチャレンジをするかどうか。

これはね、もうやめておこうかと。

製作発表を見て(聞いて)不安になったということもありますが、実は他に観に行きたい作品を発見しまして。

別に時期は被っていないし両方行ったっていいのですが、何せ薄給の身。お金のかかる趣味はある程度厳選しないと生活がやばい。

RENTが落選ということは、もうRENTじゃなくてそっちに行けということなのかと!

RENTは私なんかより観たくて楽しみでたまらない方が行ってください…。

とか言って、新しく観たい方もチケット取れなかったら、もう泣くしかないですけどね。運に任せるしかないですね。




で、観に行きたいのがこれ。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

ワールドプレミア ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』のチケット情報・販売・購入・予約|e+(イープラス)


世界で日本初演だそうです。

出演は
Shuler Hensley (シュラー・ヘンズリー)
Ramin Karimloo (ラミン・カリムルー)
Kaley Ann Voorhees (ケイリー・アン・ヴォーヒーズ)
Nancy Opel (ナンシー・オペル)
柚希礼音


多くの有名ミュージカルを手がけたプロデューサー&演出家のハロルド・プリンス。
彼の半生を、彼の手がけた作品の楽曲や名場面と共に描き出す。
という捉え方でいいのですかね。

となると、『オペラ座の怪人』や『ウエスト・サイド・ストーリー』『スウィーニー・トッド』などの歌が聴けるのか!ということですね。

しかも本場のキャストで。

これはこれは……観たいでしょう。

私がキャストで存じていたのはラミン・カリムルーのみ。
オペラ座の怪人』25周年や『レ・ミゼラブル』の25周年でお馴染み。
日本でレア・サロンガ、シエラ・ボーゲス、城田優と共に催したコンサート『4 Stars』は聴きに行きました。素晴らしかった。

ナンシー・オペルと柚希礼音は名前だけは知ってます。
宝塚って全然知らなくて。

シュラー・ヘンズリーって知らなかったのですが、トニー賞受賞にローレンス・オリヴィエ賞も受賞というとんでもない人のようです。凄いな…。
ラミン・カリムルーとナンシー・オペルトニー賞候補ですし。
ケイリー・アン・ヴォーヒーズは新人なのですね。


うーん、凄まじいメンバー。本場の実力派。作品自体はどんな出来か分かりませんが、これは観たい。
しかしチケット争奪戦が激しそうです。
書いてたら改めて取れる気がしなくなってきたけど、チャレンジします。
是非観に行きたい!