我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『メイズ・ランナー』2回目


2014年 アメリカ
監督:ウェス・ボール
脚本: ノア・オッペンハイム他
出演: ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、ウィル・ポールター、アムル・アミーン、キー・ホン・リー、ブレイク・クーパー、パトリシア・クラークソン







1回目鑑賞の感想。


今回は楽しみ方を心得ていたのか、1回目より断然面白く感じ、楽しく観れました。
「そこそこ」から「面白い!」に大分レベルアップ。

しかしまあ基本的な感想は1回目と変わっていません。
なので今回はそんなに真面目に書かない(書いても同じことばかりになる)ので、まだ読んでいない方はぜひ1回目の記事をどうぞ。1回目もそんなに真面目でもない上に大したこと書いていませんが。




なんでまた観てきたかと言うと、映画にほとんど興味がない友人を、もしかしたらこれは好きかもしれないというふとした思いつきで誘って、そうしたらオッケーしてくれたので、自動的に私も2回目を観ることになったのですね。

気に入ってもらえました。よかったよかった。



今回は内容が分かっているので、やっぱり1回目鑑賞よりいろいろ気付きますね。そして気になったところもいろいろ。
三部作の一作目なので、謎は最後には全て解消されると信じている。(解消しなかったら許さん)


そしてニュートにときめいていました。ひたすら脳内でかっこいいかわいいしか言っていなかった気がします。
いくら役者目当てでも、やっぱり1回目は基本的に全体を追うじゃないですか。今回は2回目だし!と思って、ニュートに焦点を当てて見ていましたね、はい。
潔くキャラ萌え視点で楽しんできましたよ。
内容自体も1回目より面白く感じたのですが。
原作は読んでいないので原作のイメージに合っているかは分かりませんが、映画だけ観た限りだと、この役にトーマス君が似合ってるんですね。冷静で知的で。惚れます。


やっぱりギャリー役のウィルは超絶上手いです。


ところで1回目鑑賞のとき、第二部予告でニュートがほとんどおらん!と思ったので、今回必死に探しました。ちょいちょい気づかなかったところにいました。良かった。


そして主人公トーマスとヒロインテレサ、1回目の印象は「あまり好きじゃない」だったのですが、今回で「普通」に昇格しました。おめでとう。



しかし今回は面白かった『メイズ・ランナー』ですが、なんとなく実感したのが、私はやっぱり"特に"『メイズ・ランナー』が好きなわけでもなく、また"特に"ニュートが好きなわけでもなく、ひたすらトーマス・サングスターが好きなんだと。
いや、『メイズ・ランナー』もニュートもけっこう好きになりましたけどもね。
とにかくトーマス自身が、トーマス・サングスターという俳優が一番好きなんですねぇ、やっぱり。
なのでキャラ萌えというよりは俳優萌えでしょうか。(どうでもいい。)








ではまた以下ネタバレあり。
疑問点メモ。





























世界が太陽に焼き尽くされ、それから広まったウィルス"フレア"。
グリーバーに刺されたときと同じような症状みたいですが、グリーバーの毒はフレアなんでしょうか。
(というかあれは機械なの生き物なの。)



実験対象となっている少年たちは、世界が太陽にほぼ焼き尽くされたあとに生まれたのか?



彼らは幼少期から人体実験をされ続け、3年前から順に記憶を消されてメイズに送り込まれた。
この第一部で明かされた理由としては、「フレアに侵されない新世代の人間。彼らが何故耐えられるのか。人体実験により極限状態に置いて秘密を探る」というような感じでしたけど、メイズで何人も"殺す"必要があったのか。
新世代の人間であるだけで貴重な存在ではないのか。



トーマスとテレサは"あちら側"の人間ですが、彼らもフレアに侵されない"新世代"なのか、それとも普通の人間なのか。











他にもいくつか疑問に思ったことがあった気がするのですが、忘れてしまった……。

たいした疑問じゃありませんが、自分用にメモ書きということで。

三部作ですしね。続き物では一作観ただけだと全ては明らかにされません。当たり前ですが。

ま、疑問は第二部で多少は解消されるかと。
そして第二部ではまた新たな疑問も出てくるでしょうし。

10月には第二部公開なので、それまでにソフト発売されますかね?
そうしたら第二部観る前にもう一度第一部観るのですが。





宜しければお願い致します↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村