我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『ジュラシック・ワールド』絶好調!キャストら来日決定。

アメリカで公開され、乗りに乗ってる『ジュラシック・ワールド』。

勢いが凄いですね。



最近の『ジュラシック・ワールド』関連ニュース

















楽しみにしてはいたけれど、こんなニュースばかり日々目にしていると、期待は高まる一方。


一作目が好きすぎるので、そんなに期待してはいけない……!と自分を抑えてきたのですが、今日ついにその期待が爆発してしまいました。


オスカーノユクエさんのこちらの感想ツイートを見て。


私も、楽しみにしてはいたけれど、ここに書かれているような「遺伝子操作による新種恐竜というダメな続編パターン」という風に思わなくもなかったんですよ。
騒がれているほど⁉︎どうせ新種が暴れまくるだけでしょ?というような感じで。

が、このオスカーノユクエさんのツイートでその不安がほぼ消え、期待が最高潮に。

楽しみすぎます。8月公開とか遅すぎる。


しかし「シリーズ最高傑作」か……。一作目を愛してやまないので、そこまで思えるかどうか。

しかしやっぱり一般的にも一作目が一番人気なんじゃないかと思うんですよね。
それでもこんな風にシリーズ最高傑作と言われているからには、相当の出来なんでしょう。
期待していいんですよね!





監督&キャストの来日決定



主演のクリス・プラットはスケジュールの都合で来られないそう。

来日予定なのは、キャストではブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン。そしてコリン・トレヴォロウ監督、プロデューサーのフランク・マーシャル

7月13日に実施予定のプレミアイベントに参加予定。

吹き替えキャストの玉木宏木村佳乃松岡茉優も参加予定とのこと。







私は参加出来ませんので、Twitterやニュースなどを楽しみにしています。




しかしこんなに期待してていいんでしょうか……けれどももうこの期待を抑えることは出来ません。
早く観たいです。










【関連記事】