我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『ドクター・フー』S5#4『天使の時間』#5『肉体と石』

ドクター・フー ニュージェネレーション』
第4話『天使の時間』(The Time of Angels)
第5話『肉体と石』(Flesh and Stone)




2話続きものの話。


宇宙最大の博物館で、ガリフレイ語で書かれた自分宛のメッセージを見つけたドクター。

宇宙船で何者かに追われる女、リヴァー・ソングがメッセージを送った張本人。ドクターが来ることを見越し、宇宙に飛び出す。そこを回収するドクター。

宇宙船は墜落したが、その中には休眠状態の"忍び泣く天使"がいた。

天使は目覚めつつある。

地下遺跡の探索へ向かうドクターたち。
遺跡には数え切れないほどの彫像が……。













ネタバレあり。
















今回の敵は、出ました〜"忍び泣く天使"

天使の初登場は、キャリー・マリガンがゲストの、シーズン3『まばたきするな』

設定がいろいろパワーアップ。
"見られている間は石になり動けない"という初期設定から、プラス"天使の姿をしたものが天使になる"、そして"ずっと見ていると心に天使が入り込む"とな。
強敵すぎだよ天使!



ただの4秒の映像だと思っていた天使が動いて迫ってくるとこはドキドキもの。
やはりまたエイミーと一緒に目を開けていようと頑張ってしまいました。
スイッチを切っても消えない、迫ってくる天使。
4秒の映像の切れ目でスイッチを切り、天使撃退に成功します。頭良いぞエイミー!


しかし天使の目をずっと見ていたため、エイミーには天使が入り込んでしまいます。
死にそうになり、大ピンチ。

その脳内の天使をシャットダウンするため、ドクターはエイミーに「目を閉じ、絶対開けるな」と要求。

「目を閉じるな」だったり「目を開けるな」だったり……大変だ。



エイミーには初回に登場した「壁の裂け目」がずっと付きまとっています。
その裂け目のせいで、エイミーはダーレクの記憶をなくしていたことが判明。


裂け目に「複雑な存在」のドクターが入り込めば裂け目は閉じますが、ドクターはさすがのナイスアイデアで、大量の天使たちを裂け目に落とし込み、天使は撃退、裂け目もとりあえず塞がります。




さて、結婚前夜に舞い戻ったドクターとエイミー。
ドクターに迫るエイミー。今までになく大胆で積極的なキャラクターですな。
次回はエイミーの婚約者も共に旅するようです。
はてさて若きカップルの運命やいかに……?



今回、神父(と言う名の兵士)役で出ていた方が、やたらかっこいいおじさんやなぁ〜〜と思って見ていたのですが、母に言われて気がつきました。逆に言えば、言われるまで気が付かなかったのですが……「ゲーム・オブ・スローンズの人じゃない?」と………。………イアン・グレンじゃないですか!!
びっくりだよ!!
非常に男前ですよねぇ。
ゲーム・オブ・スローンズ』でも、男前度では一番!と思って見ていました(笑)ジョラー・モーモントというキャラクターも好きですが。
今回、死ぬだろうなと思って観てましたがやっぱり死にました。かっこよく。

そしてGoTでは思ったことがなかったのですが、なんかショーン・ビーンに似てますね。
ショーンを少し柔らかくした感じ(笑)
イギリスには男前なおじさんが多いですな。




「時間は書き直せる」。
今回のこの言葉が、なるほど50周年記念エピソードに繋がるわけなのか、と納得しながら観ていました。