我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

興奮しすぎて涙が出るレベル。『キングスマン』

『キングスマン』"Kingsman: The Secret Service"


2014年/イギリス
監督: マシュー・ヴォーン
原作: マーク・ミラーデイブ・ギボンズ
脚本: ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン
出演: コリン・ファース、タロン・エガートンマイケル・ケインマーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、サミュエル・L・ジャクソンマーク・ハミル、ソフィー・クックソンエドワード・ホルクロフト、サマンサ・ウォーマック、ジェフ・ベル、ビョルン・フローバルグ、ハンナ・アルストロム、ジャック・ダベンポート




作品紹介

英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」で活躍する主人公ハリー・ハートをファースが演じ、ハリーに教えをこう若きスパイのエグジーに、新星タロン・エガートンが扮する。その他、マイケル・ケインマーク・ストロングサミュエル・L・ジャクソンらが共演。ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。(映画.com)






感想

これはとんでもない!!!サイッコーに面白い!!!


私の前知識は、コリン・ファース、そして映画観た人をことごとくファンにしている新星タロン・エガートンが出演ということ、スパイアクション映画ということ、そして何やら過激らしいということ。こんだけ。


キレッキレでテンポ良く、飽きる暇も休む暇もなく映画にのめり込んでしまう。
アドレナリン出まくり、気分は高ぶりまくり。

興奮して高まりすぎて若干泣けました。


アクションシーンはとんでもなくかっこよく、「なにこれー!」とことごとく大興奮しながら鑑賞。

クライマックスの、あの場面!どーんどーんなあの場面!(笑)あの演出には興奮しながらも割と唖然(笑)ぽかーん。



「これはあれだ、『キック・アス』だ」
と、映画を観ながら、"『キック・アス』的クレイジー系アクション映画"と脳内認定していたのですが、ラストのクレジットを観て納得。監督がマシュー・ヴォーンだったんですね。
しかも原作者も『キック・アス』と同じとか。
そりゃーキレッキレ映画にもなるわ。

しかし確かに過激。グロい。『キック・アス』も思ったけど、こういうのムリな人はムリかも。



他の皆様と同じように、私もタロン・エガートンに惚れてしまいました。
というか観に行くきっかけがタロンくんなんですね。Twitterでいっぱい流れてくる画像や動画で気になってしまって(笑)皆様映画も大絶賛でしたし。
素晴らしかったですねー!キュートで飄々としていて、いい加減そうに見えてどことなく誠実さが滲み出ていて、なんとも魅力的。エグジーかっこいい!
タロンくんはRADA、もとい王立演劇学校出身なのですね。すごい、名門だ。
ところで彼、ジョシュ・ハッチャーソンに似てません?


コリン・ファースかっこよかったー!!そうか、アクションもできるんだ。しかもこんなにかっこいいんだ。紳士なスパイがかなりハマリ役でした。


コリン・ファースとタロン・エガートンが息ぴったりで、どちらのキャラも相当魅力的で、もう素晴らしい。



そして観ていたら何やら豪華なメンツがゾロゾロと。出ていることを知らなかったので驚き。




映画観てこんなに興奮したの久しぶりです。
もう一度観に行きたい。ストレス発散になる。
重い、考え込ませるような、深い哀しみのあるような、そんなシリアス映画も好きなんですが、やっぱりこういう映画も最高ですね!
映画の醍醐味を味わったなぁという感じ。






宜しければお願い致します↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村