我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

ついにこの時がきた。『ドクター・フー』S7#5『マンハッタン占領』

ドクター・フー ニュージェネレーション』(シーズン7)

第31話『マンハッタン占領』"The Angels Take Manhattan"

ニューヨークのセントラルパークを訪れたドクター、エイミー、ローリー。ドクターが読書をしていると、本の中に何とリヴァーとローリーが登場する。ドクターとエイミーは小説をヒントに1938年のニューヨークへ向かう。(角川映画)











ネタバレあり


















ついにここまで来てしまいました。

ドクターと、エイミー&ローリーとの別れ。

DVD裏のあらすじは読んじゃうもので、観る前からこの回でお別れと分かってはいたのですが……。

やっぱり辛い。




今回でシーズン7のパート1が終了となります。




今回の敵はまたまた登場、嘆きの天使
というか、もはや天使じゃない。彫像なら何でもオッケー。
どでかい自由の女神像が、あの恐ろしい顔になって間近にいるのはなかなかの迫力。




ドクターが読んでいた小説に登場してきたローリーとリヴァー。
ローリーはつい先ほどまで一緒にいたが、コーヒーを買いに離れ、天使に過去へ飛ばされた。

この小説は、リヴァーが後に書くことになるもの。
先を読んでしまったら、その未来は確定してしまう。時を書き換えることは出来ない。



目次で、エイミーとの別れを目にしてしまったドクターの動揺は、あまりにも激しくて、少し驚いた。
ここまで動揺を露わにするとは思っていなかった。




ローリーと出会えたドクターたちだが、そこにはもう一人、年老いたローリーがいた。
エイミーに会えたことを喜び、そのまま死んでしまった。
天使に飛ばされたローリーが、この天使が支配する建物の中で、一人何十年も生き、死んでいった姿だ。
この未来は確定。今ここにいるローリーは、もう一度天使に飛ばされたら、この年老いたローリーとなる。


その未来を壊すために、建物からの脱出を試みるローリーとエイミー。
ローリーが逃げることさえできればパラドックスが起き、天使は死ぬ。


屋上へと追いやられたローリーは、飛び降りることを決意する。
ローリーが死んでもパラドックスが起き、天使は死ぬと。


エイミーは、ローリーと共に飛び降りる。
死ぬかもしれないが、その道を選んだ。




二人の試みは成功した。
また墓場で目が覚め、ドクターと成功を喜ぶ。





このドラマ、ここで終わるわけがなかった……。





ターディスに戻ろうとした一行だが、ローリーはある墓に目をとめてしまう。
そこには、自分の名が。


それに気づいてしまい、その未来は確定された。
天使の生き残りにより、ローリーは一人過去に飛ばされた。





そして、エイミー。

エイミーはローリーを追う。
つまり、自ら望んで、天使に過去へ飛ばされようとする。

もうターディスで、ローリーを追うことは出来ないから。そうしたらパラドックスにより街が壊滅してしまう。

だから、エイミーは天使に飛ばされることを決意する。ローリーのいるところに行けるという、確証はないまま。

ローリーがいないところで生きていても仕方がないから。

ドクターは必死に止めるが、エイミーの決意は揺るがない。

天使を見つめたまま、ドクターと最後の会話を交わす。

「ボロを着たドクター」

ドクターの方へ振り向き、別れの一言。「さようなら」





ローリーの墓には、共にエイミーの名が刻まれている。







ドクターは、「終わりは嫌いだ」と、小説のラスト1ページを破っていた。

しかし、そのあとがきには、エイミーからのメッセージが。
「あなたが心配」「独りでいてはいけない」
「待ち続けている少女がいる。その子に物語を話してあげて」ドクターとエイミーの、数々の冒険の話を。
それを読んだドクターは過去へと飛ぶ。ドクターを庭で待ち続けていた、アメリア・ポンドの元へと。












今回はこういう別れ方なのですね。

エイミーたちを失うドクターが可哀想で可哀想で辛いのと、毎度のことながらエイミーとローリーとの深い愛情に感動するのと。

もう思い出すだけで涙が出てきます。

ドクター視点に立つと、エイミーと二度と会えないという、すごく辛いエンディングであると同時に、エイミーとローリーは過去の世界で幸せに暮らし、人生を全うすることが出来たわけですから、そういう点ではまあハッピーエンドと言えなくもない……二人ともすぐ死んだわけではないですから。

しかしやはり辛いですね、別れというものは。



私はいつもいつも、ドクターが「アメリア・ポンド」と呼びかけるたびに、なんとも言えず泣きたい気持ちになってました。
エイミーのことが、幼いアメリアのことが、愛しくて愛しくてたまらないのだろうと。




ポンド夫妻の降板には、当分ダメージを引きずりそうです。

感動をありがとう、エイミー。ローリー。