我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

GPS第6戦NHK杯 感想

さー、日本が、世界が大興奮したNHK杯でしたね!
日本人4名が表彰台というおめでたい結果。ダブル優勝、ダブル3位おめでとう!

総合結果

男子シングル

  1. 羽生結弦 322.40
  2. 金博洋 266.43
  3. 無良崇人 242.21
  4. グラント・ホッホスタイン 235.63
  5. 田中刑事 234.90
  6. コンスタンティンメンショフ 233.58
  7. ミハル・ブレジナ 222.49
  8. リチャード・ドーンブッシュ 217.50
  9. シャフィック・ベセイエ 215.82
  10. マキシム・コフトン 212.63
  11. エラッジ・バルデ 211.09
  12. ブレンダン・ケリー 177.98


やってくれました羽生結弦
まず昨シーズンから引き続きのショパンのSPで106.33を叩き出す。羽生くん自身の持つ世界記録を更新。
このショパンはですね、昨シーズン見てたとき、大好きなプログラムだったんです。けれども、今シーズンは、実はそんなに……でした。
が、このNHK杯のSPは完璧でした。当然の点数。
しかし私が好きなのは昨シーズンだったな。完璧ではなかったし、完璧が見たいとずっと望んでいたのですが。
何故今シーズンは昨シーズンほど好きにならないのだろう……と考えたところ、昨シーズン感じた柔らかさとか優しさが薄れたからかな。と思いました。
このNHK杯は何というか………いや凄まじかった。形相がもう(笑)
この完璧さに、昨シーズン私が感じた柔らかさがまた戻ってくれれば、個人的に完璧を超えた完璧(意味不明だが)なのになー。と思ってました。
私は優しい羽生くんが見たい……。というわけで、SPでは本当に凄かったけど、そんなに興奮しませんでした、正直(笑)

そしてFS。陰陽師
初見のとき、このプログラムは実はあまり好きではなかったです。
しかし今回!!!もう素晴らしい!!!!FSは大興奮!!!
いやもう、フィギュアスケートの歴史的な瞬間を見ているんだ………と思いましたね。
どこをとっても素晴らしいとしか言いようがない。あんな演技が出来るなんて、本当になんて人。
しばらくドキドキが止まりませんでした。
皆が300点越えを確信した中、出た点数は、FS216.07、総合322.40!!
いや、300点越えどころの話じゃなかった。すごい。点見たとき変な笑い出ましたよ私(笑)
それと今回良かったのは、決めポーズの瞬間羽生くんが満面の笑みだったこと。体力の限界って感じもなく、まだ余裕もありそうで。あの瞬間の笑顔は貴重だな、と思いました。
本人も満足の出来で、嬉しそうで、本当に素晴らしかった。悔しい、って言葉もなし。完璧。キスクラでのびっくり顔と喜びようもまたよし(笑)

プロトコル見ましたけど、すごいわほんと。GOEマイナスどころか0もなし、加点だらけ。PCSも10点の連発。笑うわ(笑)

ところで羽生くんSPFS揃ってノーミスって、そういえば全然見た事ないような……。実はすごく珍しい?

実は私、羽生くんは好きなんですけど苦手なんですね(笑)でも好きなんです。という相反する感情を持つ複雑な存在です(笑)
好きな選手は?と聞かれても一番には挙げません。
しかしもう本当に、凄い人だなぁと。素晴らしすぎて、もう素晴らしいとしか言えなくて。
羽生くんだけでこんなに長文を書いてしまうとは……(笑)


ボーヤンの得点も相当高いんですけどね!羽生くんが異次元ですね!!!
ボーヤンも素晴らしかった!FSはSPほど完璧じゃなかったけど、よくあんな軽々とジャンプ跳べるね〜。身軽。
そして素の可愛さを見て惚れちゃいましたよ(笑)かわいいなボーヤン!!やっぱり笑うと少年らしいですね。


無良さんが3位に!!ああ今回は良かった。初戦が勿体ないよぉぉぉ。


ホッホスタインのFS好き!レミゼレミゼと言えばBring Him Homeが定番なのか?と思ったら後半にOne Day Moreきたよー!テンション上がるよー!あの壮大な曲に乗せて、全く見劣りしない演技!これは良い!
ところでレミゼファンとしては誰が歌ってるバージョンか気になるのが人情。Bring Him Homeはコルム・ウィルキンソンさんぽいけど、One Day Moreはこれ映画な気がするな……と思ったらドンピシャでした。


あとは刑事くんも良かったなードーンブッシュもけっこう好きだなー。


さて、コフトゥンが。コフトゥンが…………(泣)
コフトゥンは割と崩れることが多いとはいえ、正直あそこまでは想像してなかった……。そしてファイナルにコフトゥンがいないなんてことも、全く想像していなかった………。もう泣きたかったんですけど!呆然としちゃいましたよ!
抜けはあかんよ、コフトゥン……。抜けにノーカンに、ああもうあかんわ……。どうしちゃったの。総合10位だなんて。
FSは初見となりましたが、もうジャンプミス多すぎて。出だしは良かったので、「良いコフトゥンきた!」と嬉しくなったのに、あの展開。
ところでベートーベンのくせに小芝居なプログラムですね。コフトゥンのああいうの新鮮だったかも。ロシア選手権がんばって………。



女子シングル

  1. 宮原知子 203.11
  2. コートニー・ヒックス 183.12
  3. 浅田真央 182.99
  4. アシュリー・ワグナー 179.33
  5. 長洲未来 175.64
  6. ケイトリン・オズモンド 168.48
  7. 李子君 166.40
  8. アリーナ・レオノワ 165.75
  9. アンナ・ポゴリラヤ 164.63
  10. 木原万莉子 163.19
  11. マリア・アルテミエワ 158.33


知子ちゃん!!さっとん!!SPFSともに自己ベスト更新、初の200点越えで堂々優勝!おめでとう!!
意外にもGPS初優勝なんですってね、びっくり。
女子はノーミス知子ちゃんだけだったのかな?
今シーズンはつくづく思ってますけど、本当に一皮剥けたと思う。昨シーズンから花開いた感じ。SPもFSもめっちゃ良かった!そして安心感安定感素晴らしい。


真央ちゃんが残念な結果に。SP4位から、FSで挽回してくるかと思いましたが。
しかし本当に、真央ちゃんのスケートは美しい。ジャンプミスがあっても、あまりの美しさに惚れ惚れしてしまう。ステップも見惚れる。音楽との一体感。やっぱり真央ちゃんは特別だなぁ。
FSのとき、なんか元気がないように感じた。真央ちゃんにしては全体的にスピード感がないというか、キレがないというか……。どうしたのかな。疲れてる?でも表彰台です。おめでとう。とにかくファイナルにいける。


ワグナーはいつも私が思うより点が出ない。FSもうちょいいくと思ったけどなぁ。細かいミスがあるんだなぁ。


今回の一番の衝撃はポゴリラヤですね。悪い意味で。
FSで一番滑走のアーニャを見ることになるとは、これもまた想像していませんでした。
SPの崩れ具合、彼女もいったいどうしちゃったの?三度目の転倒ではすぐに起き上がれなかったし、もう心配で心配で。可哀想で見てられなかったですね。
FSでは多少立て直してきたものの、本来の彼女からはかけ離れた演技。アーニャもはやく復活できますように……。






さあこれで6試合全て終了。
ファイナル出場選手が決まりました。
またこれも次の記事にまとめます。






宜しければお願い致します↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村