読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』鑑賞しました。

29日の日曜日の夜公演、梅田芸術劇場にて、『プリンス・オブ・ブロードウェイ』を観劇してきました。

ハロルド・プリンスの生涯を、彼が手がけた作品の楽曲も使いながら新しいミュージカルにした作品………と漠然と思っていたら、違いました(笑)
いや、違うとも言い切れないのですが。
ミュージカルというより、ミュージカルコンサート。
ひたすら名曲をバンバン歌っていきます。
衣装、セット付きのミュージカルコンサートですね。
プリンス役として、市村正親によるナレーションがあったのですが、果たしてこれは必要だったのか疑問です(笑)

出演者

ジョシュ・グリセッティ
シュラー・ヘンズリー
ラミン・カリムルー
ナンシー・オペル
ブリヨーナ・マリー・パーハム
エミリー・スキナー
マリアンド・トーレス
ケイリー・アン・ヴォーヒーズ
トニー・ヤズベック
柚希礼音
市村正親(声の出演)




当初のお目当てはラミンなのですが、これが実に歌唱力の高いキャスト揃いでして。
中にはトニー賞受賞者&ノミニーもいるくらいなんですから、当然と言えば当然。
しかし想像以上で、あまりの上手さに感激しっぱなしでした。


さまざまな作品から数曲歌われていったわけなんですが、私がちゃんと知っていたのは『ウエスト・サイド・ストーリー』『スウィーニー・トッド』『オペラ座の怪人』『エビータ』『屋根の上のバイオリン弾き』くらいですかね。
やっぱり知識があればあるほど楽しいとは思います。


印象に残った楽曲を少しだけ。


まずオープニングは全員登場。
『フローラ、赤の脅威』
All I Need Is Good Break。
ここで初めて歌声を耳にし、大感激。すごい!皆上手い!!


『ウエスト・サイド・ストーリー』
Something's ComingとTonight。
ラミンがトニー役、マリア役はケイリーでした。


『シー・ラヴズ・ミー』
Tonight At Eight。
この曲を歌ったのはジョシュなのですが、このパフォーマンスの瞬間「あ、私この人好きになるわ」と思った(笑)
歌も上手く、飄々とした明るさに、ほぼ直感で惚れました(笑)


『イッツ・ア・バー・・・イッツ・ア・プレーン・・・イッツ・スーパーマン
スーパーマンのミュージカルがあったなんて知りませんでした。
これはラミンがスーパーマンなんですが、歌いもしないし、ほぼ出オチ(笑)シュール。
マリアンドのパフォーマンスは逸品。


『フォーリーズ』
The Right Girl。
ダンスきた!タップダンスですよ!古き良きアメリカのミュージカル!このたった一人の見せ場を大いに盛り上げてくれたのがトニー。この人こんな踊れてしかも超良い歌声で、さらにハンサムってどんだけ。
『プリンス・オブ・ブロードウェイ』公式サイトの紹介でも、「今最も旬なブロードウェイスター、歌、ダンス、芝居と3拍子揃った超一流キャスト」と書かれていますよ!
私タップダンス好きなんです。懐かしき映画『雨に唄えば』のドナルド・オコナーの大ファンでして。
トニーさんのタップ素敵でした。生でタップダンスが見れて嬉しい。



屋根の上のヴァイオリン弾き
If I WERE A Rich Man。
これがまた・・・すんばらしい!!!!!
歌うのはシュラー。上手すぎる!!なんて素晴らしいパフォーマンス!!
見終わってからもずっと忘れられない曲のひとつです。


『キャバレー』
ナンシーのSo What?と、ブリヨーナのCabaretが印象的。
特にCabaretは迫力。


オペラ座の怪人
先ほどの『ウエスト・サイド・ストーリー』のコンビで再び。
ラミンは25周年コンサートの方が迫力あったような。それでも素敵ですが。ケイリーは美しいソプラノ。
オペラ座で第一幕は終了。


『エビータ』
Buenos AiresとDon't Cry For Me Argentinaに大大大感激!!!!
この2曲が、一番印象深いです。
歌ったのはマリアンド。
Buenous Airesでぐんと惹きつけられ、Don't Cry For Me Argentinaでは、あまりの感動に涙がこぼれました・・・。自分でもびっくり。
このパフォーマンスはもう忘れられない。


スウィーニー・トッド
My Friend。この曲地味に好き。バイオリン弾きで明るい姿を見せてくれたシュラーがダークに。これまた上手いんだ・・・!



締めはWait 'Til You See What's Next。これはこのミュージカル(コンサート)オリジナル曲?
この曲気に入ったので、録音売り出してほしいです。配信でもいいから!





とにかく出演者のレベルがそろいもそろって高すぎましてね・・・。ラミン目当てだったのに、ラミンが霞みそうになるくらい(笑)
ラミン以外に前から知っていたのはナンシーくらいでしたが、もう皆の名前しっかり覚えておこうと思いました。

観て、というより聴いて良かったです。素晴らしい時間をありがとうございました。

CDください!!!





ところでこの公演、カーテンコールの撮影がオッケーでした。
なので記念に一枚。