読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

『エリザベート』にハマりました。2005年ウィーン公演DVD観たよ。

ミュージカル 舞台

ちょっと前からウィーンミュージカル『エリザベート』にハマりまして。
Apple Musicで様々な録音を聴きまくり、動画もちょこちょこ見て、本編をちゃんと見る前からどんどん深みに。


ちなみにその過程で、マーク・ザイベルト(Mark Seibert)さんに夢中になりました。すべてが私の惚れる要素・・・!
一人のミュージカル俳優にこんなにどっぷりハマったのはトニー・ヴィンセント(Tony Vincent)以来です(あ、あと子役でアダム・サールズ(Adam Searles)がいた)。トニーは近年の声があまり好きでなくて残念な思いをしていたのですが・・・。
いやーマークさんの歌声にトキメキが止まりません。


が、とりあえず今回は彼の話は置いておいて、本題は『エリザベート』2005年公演DVDの感想です。
これがとんでもなく素晴らしかった・・・!!!

もう興奮が冷めません。いつも以上に殴り書きです。もう文章ひどい(笑)
話の内容にバンバン触れてます。ご容赦を。




あ、その前にちょっと東宝さんに文句言いたいんですが、字幕がところどころおかしかったです。
入り込んで観てるのに、間抜けだからやめてください・・・。









内容の感想


とにかく、素晴らしいの一言。
キャストも楽曲も内容も演出も、すべてに魅了され、もうこの世界から逃れられない。
かっこよくて怖くて美しくて哀しくて・・・。

ダンスとかね!演出ね!すごい、怖い。かっこいい・・・。


ミュージカルがあまり好きでない母(私の付き合いでちょこちょこ一緒に見る)が絶賛していたのも、個人的にビックリしつつも納得の作品。



エリザベートとトート(死)の愛の物語」と作品紹介で見ていました。
が、これ違うやん・・・!
愛の物語・・・と言えないこともないですが・・・。私の感覚ではまた違う。
思った以上にエリザベートの、一人の女性の物語。トートはあくまでも脇役。重要だけど。

愛という点に関して言えば、エリザベートとフランツ・ヨーゼフの間には確かに愛が存在していたなと。
しかし、トートとの関係はまた違うような。トートはエリザベートを愛していたと思いますが、エリザベートがトートに向ける感情はまた違う気がする。トートに惹かれ、離れられず、人生の節々で存在を意識し続け、心の奥底で彼を求めている。エリザベートにとってトートとは、最後の手段、救いの場、安らぎの存在であったと思う。それも一種の愛と言ってもいいかもしれませんが・・・難しいですね。

トートの存在はいくらでも解釈できますよね。考察がはかどりそうな。

エリザベートとトートの全編通しての駆け引きはすごくドキドキ。


あと思った以上に歴史的だし政治色も強かった。





キャラクター(キャスト)の感想

エリザベート:マヤ・ハクフォート

エリザベートは少し我儘なような、自分本位のような。でも気持ちはよく分かる。
綺麗に着飾り、自分の美貌を武器にしようと決意し、もう夫に頼らない。第一幕のラストで、今までの純真な少女は消え去ってしまったと感じた。
強く生きたエリザベートも、結局幸せに、自由にはなれなかった。
結局エリザベートにとって人生は苦痛でしかなく、ラストは死によってようやく自由を手に入れた。やはりトートは救いだったのか。彼の腕の中で、ようやく彼女は安らぎを手に入れた。

マヤさんが本当に素晴らしい。歌も演技も最高峰。というか上手すぎて・・・(笑)
最初に観たのがここまで完成度の高い人になってしまって、私はこれからが不安だよ・・・(笑)
エリザベートの変化によって雰囲気も歌声もガラッと変わっていって、彼女の変わりようがよくわかる。なんてすごい。



トート:マテ・カマラス


トートはなんとおいしいキャラでしょう。
冷酷・・・というのとは違う気がするけど。どこか恐ろしく、妖しく、ミステリアスで、見る者を魅了する。
たいていの人は見ると夢中になると思う。トートに。死の存在に。


なぜか先にマーク・ザイベルトにハマっていた私。
これも本編を見る前にちょこちょこ好きな曲をピックアップして見ていたんですが、マテさんの第一印象は、マークさんに比べ「エキセントリック」。なんかもういろんな意味ですごい。マークさんのトートが紳士的に感じた(笑)
で、ちょっとドキドキしながら全編観たら、なんとまあもう完全にマテさんの虜に。
これは何とも魅力的。妖しさと色気がすごくて、歌声もワイルドでありながらも優しく美しい。しかし怖い。しかし惚れる。
ラスト、エリザベートに抱きしめられた時のトートの反応!あれ反則ですよ(笑)急に純情な青年になっちゃって。エリザベートが本当に愛しかった、やっと手に入れられたのが信じられない、そんな表情を見ていると、またこっちもトートが愛しくて愛しくて。

とりあえず一言言う。このDVDを見てマテ・カマラスに惚れない女性はいない。(多分)

ところでルドルフの死のシーン、何故女装なんですかね。
(追記: マリー・ヴェッツェラになっているからだそうです。)



ルキーニ:セルカン・カヤ

エリザベート殺害の犯人。いわゆる狂言回し。
彼がひたすら観客に説明してくれるわけですが、また彼の語り草が皮肉っぽいというかシニカルというか・・・それが良い。
ルキーニの曲はどれもやたらかっこいい。
またこの人も上手いんだ。



皇帝フランツ・ヨーゼフ:アンドレ・バウアー

フランツ・ヨーゼフは、エリザベートを非常に愛しているのが伝わってきて、気の毒といえば気の毒。まさに、彼が皇帝でさえなければ、すべて上手くいっただろうに・・・。
愛し合っている者同士が一緒になったからと言って、必ずしも幸せになれるのではない。愛がすべての障害を乗り越えられるなんていうのは、単なる幻想だ。
そんなに好きなキャラクターではないけど、悪い人ではないんだな。



皇太子ルドルフ:フリッツ・シュミット

一番同情したのはルドルフ。
彼は思ったより出番が少ないんですね。しかしばっちり観客の同情心を持っていく。
子どもの時から非常に優しい。
子役のソロ曲から目がウルウル。
ルドルフを見捨てたことが、エリザベートの最大の過ちか。息子だもの、何があっても守ってやらないと。

フリッツさんめっちゃお坊ちゃんって感じで、あと良い人オーラがすごくて良かったです。でも歌声は凛としてるんだな。







楽曲の感想

本編を観る前から散々聴いてましたけど。
楽曲素敵!


今は日本版から逆輸入の「愛と死の輪舞」になっているんですかね、Schwarzer Prinz。

Am Ufer des Starnberger Sees

Am Ufer des Starnberger Sees

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
もうこの曲から胸が張り裂けそう。
エリザベートとトートの出会い。
エリザベートはすでにトートを求めている。(というかこの時素直に求めてたんだからもう連れて行っちゃえばよかったのに・・・と思ってた(笑)
死しか自分のことを理解できない、と思っているエリザベートの心がなんとも哀しかったり。



トートのエキセントリックさが炸裂しているDer letzte Tanz。

Der letzte Tanz

Der letzte Tanz

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
この曲を聴いたとき、パッと思い出したのが『ジーザス・クライスト・スーパースター』。
似てるってこともないと思うんですが・・・。印象としては近いかなと。
エリザベート』もこの曲をはじめ、ロック調のものがけっこうありますよね。超かっこいい。




Ich gehor nur mirは名曲!!

Ich gehör nur mir

Ich gehör nur mir

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
そもそも『エリザベート』に興味を抱いたきっかけが、新妻聖子さんのアルバムでこの曲を聴いたからだったんですよ。彼女の歌も素晴らしかった。
しかしマヤさんの歌うこの曲。至高。
泣きました。
最後の最後の大盛り上がりの箇所。「喜びを共にし 悲しみも分かち合いたい でも私の人生を求めないで それは私だけのものだから」
エリザベートという女性をそのまま表した一曲。
すごく感動。




Ich gehor nur mir (Reprise)。

Ich gehör nur mir (Reprise)

Ich gehör nur mir (Reprise)

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
エリザベートがある意味生まれ変わった瞬間。
より強く。それが哀しい。




Kitsch、かっこいい!!ルキーニの曲はかっこいい!!Milchもね。

Kitsch

Kitsch

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
Marktplatz in Wien

Marktplatz in Wien

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150





Wenn ich tanzen will。

Auf der Budapester Generalwiese / Wenn ich tanzen will

Auf der Budapester Generalwiese / Wenn ich tanzen will

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
大好き。
エリザベートとトートの駆け引きに魅了。
ヘビロテ曲です。





Mama,wo bist du?

Ein Schlafzimmer in der Hofburg / Mama, wo bist du

Ein Schlafzimmer in der Hofburg / Mama, wo bist du

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
ルドルフ何この子すごく可哀想。
「僕もこの世界のように強く怖くなれる でも優しくなりたくなる」に涙腺が。
ルドルフにとってはこの世界はすでに怖いものだったのね。
ルドルフに優しく歌いかけ、抱き上げるトートを見ていると、ああこの子はこの時からすでに死ぬ運命だったんだと思った。
いずれは皆死ぬけどね。
このトートの歌声が美しすぎて、私こんな声で歌われたらついて行ってしまうよ。





Elisabeths Gymnastikzimmer in Schonbrunn。

Elisabeths Gymnastikzimmer in Schönbrunn

Elisabeths Gymnastikzimmer in Schönbrunn

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
ここのエリザベートのソロかっこよすぎやしませんか!?
夫に裏切られ、もう自殺すると言いつつも、トートに誘われると非常に強い返答でまだ生きる意志を示す。





Die Schatten werden langer。

Auf der Kutsche des Todes / Die Schatten werden länger

Auf der Kutsche des Todes / Die Schatten werden länger

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
これもヘビロテ曲。
死に近寄っていくルドルフ。それでもこの時はまだ抗えたのに。




Wenn ich dein Spiegel war。

In der Hermesvilla / Wenn ich dein Spiegel wär

In der Hermesvilla / Wenn ich dein Spiegel wär

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
ルドルフにはどうも涙腺が緩む私。
母が、父が彼を救ってやらないといけなかったのに!





Kapuzinergruft。

Kapuzinergruft

Kapuzinergruft

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
ルドルフの死によってようやく自分の過ちに気づいたエリザベート。息子を見捨てるべきではなかったのに。
あまりの苦しみに、ついにトートに連れて行ってくれと懇願するも、今度はそれをはねつけるトート。
この部分のトートの表情の変化は印象的。
トートは死であるのに、彼が愛したエリザベートは生きることを求める女性だったのかな。
死があり、生があり。





Eine Terasse bei Cap Martin。

Eine Terasse bei Cap Martin

Eine Terasse bei Cap Martin

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
亡き父と語るエリザベート。彼女の人生がどんなに苦痛に満ちたものだったか、少女の時の彼女がどんなに純真だったか、それを改めて突き付けられる。





An Deck der sinkenden Welt。

An Deck der sinkenden Welt

An Deck der sinkenden Welt

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
トートの高笑いが怖い。ついにエリザベートに死が訪れようとしている。
それはトートからルキーニに託される。





Epilog。

Epilog / Uferpromenade in Genf

Epilog / Uferpromenade in Genf

  • Orchester der Vereinigten Bühnen Wien
  • サウンドトラック
  • ¥150
エリザベートの死。そして自由。解放。
トートは求め続けたエリザベートをようやく手に入れる。彼女の方から胸に飛び込んでくる。
さっきも言ったけど、ここのトートの反応がなんとも・・・。信じられない、って顔をして。エリザベートのことが愛しくてたまらない、それを体中から表現していて、非常に・・・なんというか、きゅんとしました(笑)
「二人の人生に意味を探しても無駄」
「私は私だけのものだから」「お前は俺だけのものだから」
結局エリザベートは、ずっと死と共にあったんだなあ。










死して得られる自由か・・・『レ・ミゼラブル』とかもそうですけど、ある意味で死が肯定的で、救いなんですよね。でも皆、とにかく必死に生きている。


エリザベートとトートのキスによりエリザベートは死、解放され、それはハッピーエンドでもあるわけですけど、そのあとにルキーニの首つりがあってから物語が終わるというのが、なんかただのハッピーエンドで終わらせてくれないな、と感じました。







すっかりはまってしまいまして、ちょうど今年東宝の舞台もあるし、観に行こうと思っています。
が、不安だなあ・・・。これが素晴らしすぎて。
どっかのレビューで、「ウィーン版と東宝版と宝塚版はすべて別物」と見かけたので、別物と思って観るようにしよう。
井上芳雄のバージョンが観たいなあ。






いつかウィーンへ観に行きたい。










こちらはApple Musicにないので聴けてない。オリジナルキャストによるCD。

エリザベート ― オリジナル・ウィーン・キャスト

エリザベート ― オリジナル・ウィーン・キャスト


これが今回観たDVDと同じ収録音源。

Ocr: Elisabeth-Das Musical

Ocr: Elisabeth-Das Musical


私がハマったマークさんによるトートはこちら。2種の録音が。

Ocr: Elisabeth

Ocr: Elisabeth

Elisabeth: Das Musical - Die wahre Geschichte der Sissi (Jubilaumstournee 2011/2012 / Live - Castalbum)

Elisabeth: Das Musical - Die wahre Geschichte der Sissi (Jubilaumstournee 2011/2012 / Live - Castalbum)




トレーラーです。字幕付きです。マークさんのトートです。

Elisabeth das Musical - NEW Trailer 2015 (English Subs)




みなさん興味を持ったらぜひ、聴いて、観てみてくださいね。