我が人生は物語と共に

映画や演劇の感想など。エンタメと文学をこよなく愛します。

2016年9月に読んだ本まとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2284ページ
ナイス数:0ナイス

とつげきドイツぐらし!とつげきドイツぐらし!
読了日:9月3日 著者:白乃雪
特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:9月4日 著者:ユッシ・エーズラ・オールスン
徒然チルドレン(1) (講談社コミックス)徒然チルドレン(1) (講談社コミックス)
読了日:9月12日 著者:若林稔弥
徒然チルドレン(2) (講談社コミックス)徒然チルドレン(2) (講談社コミックス)
読了日:9月12日 著者:若林稔弥
徒然チルドレン(3) (講談社コミックス)徒然チルドレン(3) (講談社コミックス)
読了日:9月13日 著者:若林稔弥
徒然チルドレン(4) (講談社コミックス)徒然チルドレン(4) (講談社コミックス)
読了日:9月13日 著者:若林稔弥
特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)特捜部Q ―Pからのメッセージ― 〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:9月13日 著者:ユッシ・エーズラ・オールスン
徒然チルドレン(5) (講談社コミックス)徒然チルドレン(5) (講談社コミックス)
読了日:9月14日 著者:若林稔弥
徒然チルドレン(6) (講談社コミックス)徒然チルドレン(6) (講談社コミックス)
読了日:9月14日 著者:若林稔弥
特捜部Q―カルテ番号64―(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)特捜部Q―カルテ番号64―(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:9月28日 著者:ユッシエーズラ・オールスン
赤い心赤い心
読了日:9月28日 著者:新井貴浩

読書メーター





『とつげきドイツぐらし!』

Twitterでいつも楽しみにしてた白乃雪さんの初単行本。
面白いんですよ〜。絵柄も好み。
白乃雪さんの行動力に驚かされます。
そしてめっちゃ同世代だったという事実。凄いなぁ。
やっぱりドイツ語がんばろう。



『Pからのメッセージ』『カルテ番号64』

『特捜部Q』シリーズの三作目と四作目。
『カルテ番号64』の下巻は10/1に読み終えたので上の一覧には入っていないのですが。
この『カルテ番号64』、シリーズ中で個人的には一番面白かったかもしれません。特捜部Qはどの作品も面白いんですが、これはまた凄い。そして号泣。
ダントツおすすめです。




『徒然チルドレン』

久しぶりに漫画。エッセイじゃない漫画。
web漫画で読んでいたのですが、ついに買っちゃいました。しかも今出てるやつ全部(笑)
フツーに面白いです。高校生のオムニバス形式恋愛コメディ。ぽんぽんと読めます。
本にしかないエピソード満載で、買ってよかったなぁと。もともとそれを期待して買ったんですが。
私は菅原&高野コンビが一番好き!大好き!はやくカップルになって欲しいです♪ この二人の行方を見たくて買ったようなもんです。はよくっつけ。
あと最初は剛田&上根カップルが好きだったんですが、上根ちゃんがどんどん甘々になっていってるのでなんか若干辟易(笑)
単体なら皆川さんやちよちゃんとか好き。




『赤い心』

カープの新井さん自叙伝。
すごく読みやすくて一気に読みました。(これっていわゆるゴーストライターなんだろうか?新井さんの話す言葉を聞いてうまくまとめて書き上げる的な?)
ちょっとうるうるとしたり…。
ファンになったばかりの私でもすでに(速攻で)気づいていましたが、こんな本を読むとつくづく……本当に真面目で正直で真っ直ぐな人ですね。
大好きです新井さん。ずっとついていきます!
(そして遅くなりましたが、カープリーグ優勝おめでとうございます!!明日からCSファイナルステージ!)