好きな気持ちが生きる糧

主に演劇の感想。橋本淳さん、矢崎広さん、井上芳雄さん、藤岡正明さんあたりが好きです。映画の感想は最近はFilmarksで完結しちゃってます。

ミュージカル『ミス・サイゴン』25周年公演

これも観たいな~と言いつつ観ずに時が経ってしまいました。
Amazonプライムビデオにて鑑賞。


ミス・サイゴン


スタッフ

監督:ブレット・サリバン
製作:キャメロン・マッキントッシュ
脚本:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・シェーンベルク
歌詞:アラン・ブーブリル、リチャード・モルトビー・Jr.
追加歌詞:マイケル・マーラー
音楽:クロード=ミシェル・シェーンベルク



キャスト

ジョン・ジョン・ブリオネス、エバ・ノブルザダ、アリスタ・ブラマー、タムシン・キャロル、ヒュー・メイナード、ホン・グァンホ、レイシェル・アン・ゴー
ジョナサン・プライス 、レア・サロンガ、サイモン・ボウマン


作品紹介

1989年9月のロンドン・ウエストエンドでの初演以来、世界中で上演されてきた名作ミュージカル「ミス・サイゴン」の25周年記念公演を、最新技術で映像化してスクリーン上映。2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された舞台を収録。1970年代、ベトナム戦争末期。爆撃で両親を亡くしサイゴンのナイトクラブで働くことになった少女キムは、客として店にやって来たアメリカ兵クリスと恋に落ち永遠の愛を誓い合う。しかしサイゴンが陥落するとクリスはアメリカへ帰還し、過去を振り払うように結婚して新たな人生を歩みはじめる。一方、キムはバンコクへ逃れ、クリスとの間に生まれた息子を育てていた。やがて、息子の存在を知ったクリスは、キムと再会するべくバンコクへ渡るが……。25周年スペシャルフィナーレの特別ゲストとして、オリジナルキャストのジョナサン・プライス(エンジニア役)やレア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)らも登場し、新旧キャストが夢の共演を果たした。(映画.comより)

eiga.com







感想


この作品は元ネタが『蝶々夫人』。
というわけで結末は知れているかとは思いますが、一応。※ネタバレ注意











私の『ミス・サイゴン』との出会いは、『レ・ミゼラブル』にはまった数年前。
レア・サロンガの虜になり、オリジナルロンドンキャストのCDを聞きまくっていました。

ミス・サイゴン <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック

ミス・サイゴン <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック

それから日本公演をやっと観れたのが、2017年の年明け。
(余談ですが、2012年公演の時、悩んだ末行かなかったのいまだに後悔してる。新妻さん……あれが最後だと思わなかった)
kk151992.hatenablog.com
もうこの感想で何を書いたか覚えてません(笑)
が、今の印象として残っていることは、①藤岡正明さんのトゥイが凄過ぎたこと ②号泣したこと ③でも物語自体は好きじゃないこと

ミス・サイゴン』は音楽は大好きです。
感動もすごくします。
でも、好きかと言われると……。
なんでかと言うと結局のところ、腹が立つからだと思います。そしてラストのキムの決断も、ああするしかなかったとしても、私には……。



さて、今回ロンドンキャストの公演を観たわけですが、上記の「感動するし泣きまくるけど、好きじゃない」印象は変わりませんでした。いや……でももしかしてこれも好きなのか?もうこの物語に対しては複雑な気持ちでいっぱいです私。

ただやっぱり凄かったですね。
ハイレベルだし、舞台セットもお金かかってそうな感じ(笑)



今回観てて改めて痛感したのは、キムとクリスの恋は悲劇に終わったけれど、彼らは決して彼らにしかない特別な恋をしていたわけじゃない、ということ。
あの頃あの社会で、キムのような人はたくさんいて、クリスのような人もたくさんいたわけです。
すっごい腹立つな!!!!
タムのような子も、エンジニアのような人も。悲しく辛い世界。
その悲劇性を見せる作品なのですけれども。

もうね、クリス本当嫌いです。置いて去るのは仕方がない。あれは仕方がなかったけど、後で迎えに来いよ!来れないなら来れないで、なんとかして一報よこせよ!!
当時の社会状況全然知らないので、こんなこと言うのはお門違いかもしれない。どのような手段も使えなかったのかもしれない。
でもね、クリスはアメリカに戻って、少しして結婚してるけど、全然彼がキムのために何かをしようとした描写がないじゃないですか。苦しんで、悪夢を見て。ただ良心が責められているだけ。
だから私は認定する。クリスは最低野郎だと。

この悲劇は、キムが少女で処女で、クリスが初めての人で、そんな純粋な子だったから、より悲しい物語となってしまった。
これが辛酸なめつくした大人の恋ならば、また違ったでしょう。でもキムは純粋すぎた。疑うことを知らず、ただクリスだけを愛し、クリスもどんなに離れていてもずっと自分を想ってくれていると信じてしまった。





ところでエンジニアとキムって謎の関係ですよね。利害が一致していると言えるのだろうか……。いわば協力関係だし。
今作ラストの方、エンジニアはキムに対してかなり情が移っているように見えました。








キャストについて。

私ははっきり言ってクリスが好きじゃない。いや、クリスはいつも嫌いだけどそうではなくて、この25周年ロンドンキャストのクリス役の人の歌声が好きじゃない。
最近ロンドンとかあとアメリカか。英語圏の若いミュージカル俳優さん、この人みたいな感じの歌声をけっこう聞きますけど、私この手の声はタイプじゃないんです。

ついでに言えば、キム役の彼女の声もちょっと苦手かな……。作品の中で聞くにはいいけど、CDとかで歌だけ何回も聞きたいタイプじゃない。ただ彼女はすごく上手かったし、キムという役にもぴったりはまっていたと思います。

それからエンジニア!だいたいこの役は芸達者な人がやるよね~と思って観ていました。

個人的にはトゥイ役の人が一番好き!歌めちゃめちゃ上手かった。演技も。間違った方向に走ってしまったし、ほぼストーカーみたいになってるけど、でも間違いなくキムのこと好きだったんだなあと思わされました。トゥイが死ぬとき、キムの手を握ってるのすごく泣けるよね。
前述した藤岡さんのことも思い出し、この役はめっちゃ上手い人がやるポジションなんだろうか?とか思った(笑)





本編が終わると、豪華なゲストたち。
レア様は昔の方が好きだけど、やっぱりすごいな。
そして今回のクリスより、サイモン・ボウマンの方が声が断然好きだと再確認。
そしてジョナサン・プライス……!出てきてテンション上がった。プライスさん目が潤んでいるように見えました。こんなに年取ったのに、たいして声が衰えてないのすごいわ。さすがに動きはしんどそうだったけど。








なんだかんだ言って、ミス・サイゴンも、いつかは本場ロンドンで観てみたい作品のひとつですね。

とりあえずいつかは分からないけど、次の日本公演も、なんだかんだ言って行くと思います。
藤岡さんか昆夏美ちゃんがいたら、確実に行きます(笑)





ミス・サイゴン <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック

ミス・サイゴン <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック




follow us in feedly